【今すぐシェア】銀歯が口臭の原因になるって本当?

銀歯が口臭の原因になるって本当?

銀歯が口臭の原因になっている場合、歯医者での治療方法や、家で実践できる臭いの予防方法について知りたいと考えていませんか。

本記事では、下記の内容を解説します。

■もくじ

1. 銀歯が口臭の原因になるって本当?

1-1 銀歯の変質によるもの

1-2 銀歯の傷つきによるもの

1-3 銀歯と歯のすき間にある汚れによるもの

1-4 接着剤が壊れてしまうため

2. 歯医者での治療方法

2-1 セラミック素材に変更する

2-2 歯のクリーニングを行う

3. 家で実践できる臭いの予防方法

3-1 適切な歯磨き

3-2 うがいをする

3-3 デンタルフロスや歯間ブラシを使用する

4.  まとめ

1. 銀歯が口臭の原因になるって本当?



銀歯が口臭の原因になっていることはあります。

理由としては主に4つあります。

1-1 銀歯の変質によるもの

銀歯の特徴として金属なので、経年劣化で変質してしまうことがあります。

すると表面に小さいデコボコが出来ます。

そのデコボコに、菌がたまって臭いの原因となってしまいます。

金属の性質上、避けられないでしょう。

1-2 銀歯の傷つきによるもの

銀歯を長年使用していると、細かな傷がたくさんつきます。

その傷に菌が入り込むことで臭いの原因になってしまいます。

毎日の適切な歯磨きが重要になってきます。

1-3 銀歯と歯のすき間にある汚れによるもの

銀歯をどれだけ精巧に作製したとしても、銀歯と歯の間には、極々小さなすき間が出来てしまいます。

このすき間部分に菌がたまってしまい、口臭の原因になることがあります。

1-4 接着剤が壊れてしまうため

銀歯と歯の間にある接着剤が経年使用によって、壊れることがあります。

結果的にすき間ができて菌や食べカスがたまり、臭いの原因となることがあります。

この接着剤は、だ液に溶け出してしまったり、温度の変化によって破壊されやすいという特徴があるからです。

2. 歯医者での治療方法



銀歯が口臭の原因となっている場合、歯医者での治療は主に2つです。

2-1 セラミック素材に変更する

素材を銀歯ではなく、オールセラミックに変更すると銀歯特有の弱点を克服できて、口臭改善効果が見込めるでしょう。

セラミック素材の特徴としては、金属アレルギーを起こさず、傷つきにくく、素材的にも安定しています。

さらに審美的にも、天然の歯に近いので目立ちにくいです。

ただ、セラミック素材は銀歯と違って保険の適用ができません。

自由診療の範囲になるので、銀歯と比べて高価になりますが、その分メリットは多いと言えるでしょう。

2-2 歯のクリーニングを行う

PMTCといいますが、歯科医院で専用の機械とフッ化物の入った研磨剤を用いて、歯磨きでは落とすことが出来ない歯石、歯ブラシでは届きにくい歯の汚れなどをキレイに落としていき、同時に研磨も行います。

歯周病や虫歯を予防することができますし、口の中を清潔に保つことができるので、口臭を抑えることにつながります。

PMTCを行うと、表面のデコボコがツルツルになっていくので、歯に汚れがつきにくくなる効果もあります。

3ヶ月に1回程度クリーニングを実施すると良いでしょう。

3. 家で実践できる臭いの予防方法



家庭でできる、臭いの予防方法は主に3つ挙げられます。

3-1 適切な歯磨き

口臭予防には適切な歯磨きがもっとも効果的です。

特に、銀歯のある場所は普段きちんと磨けていなかったからこそ、虫歯が進行して銀歯を設置することになってしまっています。

さらに銀歯が加わると余計に磨きにくいので、意識的に歯磨きをしていく必要があります。

ただ、自己流での歯磨きだと汚れが落としきれていないことが多くあります。

1度歯科医院で歯磨き指導を受けると良いでしょう。

3-2 うがいをする

本来は食後に歯磨きをしたほうが良いのですが、時間が取れないこともあるかも知れません。

そのような時はうがいをしたり、口をゆすぐだけでも多少菌を洗い流すことができるので、口臭予防につながります。

マウスウォッシュを用いても良いでしょう。

3-3 デンタルフロスや歯間ブラシを使用する

前述したように、口臭予防には適切な歯磨きが重要ですが、歯ブラシだけで全ての歯の汚れを落とすには難しい面があります。

デンタルフロスや歯間ブラシを適宜使用すると、きちんと歯の汚れを落とすことができるでしょう。

4. まとめ



銀歯が口臭の原因になることはあります。

その理由は4つあり、銀歯の変質によるもの、銀歯の傷つきによるもの、銀歯と歯のすき間にある汚れによるもの、接着剤が壊れてしまうためです。

歯医者での治療方法としては、セラミック素材に変更したり、歯のクリーニングを行います。

家で実践できる臭いの予防方法としては、適切な歯磨き、うがいをしたり口をゆすぐ、デンタルフロスや歯間ブラシを使用する等が挙げられます。

また、口臭の原因として、銀歯以外にも親知らずや舌苔(ぜったい)が挙げられます。

より効果的に口臭を予防したい方はこちらの【知らないと嫌われる?】親知らずが臭いの原因になるって本当?と、【除去すべき?】舌苔って口臭の原因になるの?の記事を参考にしてみてください。

てらしま歯科

愛知県稲沢市緑町4-9-1

名鉄名古屋本線国府宮駅から南に2km、奥田駅から徒歩5分

土曜日診療、夜間診療

お電話は0587-23-8585

矯正相談、治療相談いつでも受け付けております。

We work for thanks and emotion.

虫歯0を目指す予防歯科へ