​マタニティ外来

maternity

はじめててらしま歯科にご来院の方へ
mekkin-side-min.jpg
inv-side-min.jpg
一緒に働く仲間を募集中
てらしま歯科のinstagram

アクセス

診療時間

△:〜18:00まで

休診日:木曜日・日曜日・祝日

ご予約・お問い合わせ

0587-23-8585

マイナス1歳から始める虫歯予防

妊娠してからできる虫歯予防

「マイナス1歳からの虫歯予防」とは、赤ちゃんがお母さんのお腹にいる時から虫歯の予防をしようという取り組みです。

実は、妊娠するとつわりや食事が不規則になることに加え、吐き気がするため、歯磨きがいいかげんになりやすい傾向があります。

そのため、お母さんのお口の中は虫歯菌が増える環境になってしまうことがよくありますまた、出産後も子供中心の生活になってしまうため、心や体の疲れや時間がなかったりして、お口の中を清潔に保つ余裕がなくなります。


妊娠してから育児に追われる時期までは、お母さんのお口の中は虫歯菌が繁殖しやすくなることが多いのです

安全なスキンシップのために

子供は生まれた時は虫歯菌を持っていませんが、時期に、お母さんが使ったスプーンで離乳食をあげる、あるいは食べ物を自分の歯で小さく噛みちぎって子供にあげるとどうなると思いますか?

虫歯菌は人から人に伝播しますので、お子様に虫歯菌が移りに感染してしまいます。

しかし、スキンシップ自体はお子さんへの愛情表現として大切な行為です。

まずは、お母さんのお口の中を清潔に保つようにしましょう。そして副作用のない殺菌ジェルを使用して、口の中の虫歯菌を減少させる事です。何かと不規則な生活になりがちなお母さんこそ、歯科医院の定期検診を利用することをおすすめします。

当院のマタニティ歯科外来の体制

体制

1

口腔外科にも精通したドクターが対応します

育児経験のあるドクターが担当します。
お母さんのお口の中を清潔な状態に保ち、虫歯菌の感染をどうやって防ぐのかを、アドバイスをさせて頂きます。
また、担当ドクターは育児経験があり、お口の健康以外にも育児の不安も相談できます。

体制

2

お腹の赤ちゃんに

負担をかけない配慮

妊娠中に治療を進める場合は、妊婦さんとお腹の赤ちゃんに負担のかからない時期を選びます。特に、お腹が大きくなってきた妊婦さんには、無理のない体制での治療を心がけています。

投薬やレントゲン撮影も、お腹の赤ちゃんに影響がないよう十分に配慮しています。

必要があれば産婦人科医と連携しながらの治療も実施できます。

体制

3

出産後親子歯科検診けられる

当院は、出産後の治療にも対応しています。

当院は半個室で広い診療スペースを確保しているので、ベビーカーで診療室に入っていただくこともできます。また、地域密着型の当院では、赤ちゃんの「泣き声」も気にされなくても大丈夫です。
 

また、お子さんの歯が生えてきたら一緒に検診を受けていただく事もできます。
お母さんと一緒に歯科医院に慣れていくことで、お子さんが歯医者嫌いになることも防ぐことが出来ます。

*入口のみ段差がありますのでお声かけお願い致します。

口腔がん検診
link-side-min.jpg