毎日のケアが歯を守る

歯磨きへの

こだわり

​|

​|

なぜ歯を磨かなければいけないの?

突然ですが、「歯を磨く目的」について考えたことはありますか?

お口の中には、実はたくさんの細菌が潜んでいます。

食事後は「食べかす」などの汚れを取り除く目的もありますが、歯磨きをしっかりすることで歯に付着した歯垢(プラーク)を除去することも大切です。

正しいブラッシングにより汚れや歯垢を取り除き、細菌の繁殖を防ぐことがむし歯や歯周病予防に繋がっていくからです。

歯垢の中には、1ミリグラムあたり2~3億個もの最近が潜んでおり、その種類は数百にも及ぶことが分かっています。

では「歯垢」のもとは何なのでしょうか?

歯垢は単なる食べカスではなく、細菌のかたまりです。

そのため、常に増殖し続けます。

高温多湿なお口の中は細菌にとって好条件なので、ほったらかしにしていると歯垢はどんどん蓄積してしまうのです。

歯にしっかりと貼りついた歯垢は、ブラシやフロスを使った物理的な刺激によって取り除くしかありません。

「口をゆすげば歯磨きなんていらない」と思っていた方はドキッとしたかもしれませんね。歯垢の除去はむし歯の予防だけでなく、歯周病予防にも役立ちます。

また、口臭などのお口のトラブルを未然に防ぐためにも欠かせません。

歯磨きは歯と口内の健康を保つための大切な習慣です。

TBITooth Brushing Instruction:トゥース・ブラッシング・インストラクション)について

皆さんは「歯磨き指導」を受けたことはありますか?

歯磨き指導はTBIとも呼ばれ、予防歯科のなかで特に重要視されています。

突然ですが、あなたは歯を正しく磨けていますか?

こんな質問をされたとき、自信を持って「はい!」と答えられる方もそうでない方も、ぜひ一度、専門家の歯磨き指導を受けていただきたいと思います。

なぜなら、磨けたつもりで磨けていないというケースが非常に多いからです。

食後は必ず歯磨きをしているという方であっても、むし歯や歯周病、口臭トラブルなどの治療で来院されることがよくあります。

磨いたつもりの自己流が一番危険なことが分かりますね。

歯科医院では正しいブラッシングを指導してもらうことができます。

磨けたつもりで磨けていない場所を指摘してもらったり、自分のブラッシング技術では届かなかった場所の磨き方を教えてもらったり、デンタルフロスや歯間ブラシの使い方を教えてもらうこともできます。

セルフケアの技術を高めることは、お口のトラブルを防ぐ近道でもあるのです。

歯ブラシ・歯磨き粉の正しい選び方

むし歯のできやすい場所は

①歯と歯の間 ②歯と歯茎の間(根元) ③奥歯

などです。

それぞれの場所をしっかりと磨くためには、歯ブラシの当て方や動かし方を変える必要があります。

また部位によっては細かな部分のお掃除が得意なアイテムを利用することも効果的です。

自分の口に合ったサイズの歯ブラシを使い、歯茎の症状に合わせた歯ブラシ選びも重要です。

 

店頭で見かける歯ブラシにも「ふつう」「かため」「やわらかめ(ソフト)」などの表示がありますが、自分の歯茎がどのような状況にあるのか見極めるためにも、歯科医院での定期健診が役立ちます。

また、歯磨き粉についても、年齢や歯の根元の症状などに合わせた正しいものを使うことが推奨されています。例えば、子供用の歯磨き粉は大人用のものと比べて「研磨剤」や「発泡剤」が少なく「有効成分」の中身も異なります。

まだ成長途中の繊細な歯を傷つけないように、子供の歯に必要な成分が含められています。歯科医院の歯磨き指導の際には、歯磨き粉の選び方についても相談できます。

 

有効成分として大人にとっても子どもにとっての大切なものには「フッ素」が挙げられます。フッ素(フッ化物)は、歯の質を高め、歯の再石灰化を助け、むし歯の原因菌の活動を抑制することで知られています。

適切な歯ブラシと歯磨き粉を使用した正しいブラッシングで、健康な歯を維持していきたいですね。

大切なのは「ブラッシング」×「生活習慣」×「定期健診」

毎日の歯磨き(ブラッシング)は、むし歯と歯周病を撃退し、口腔内の健康維持には欠かせません。

また、歯の健康を守る生活習慣についても意識することで、自分の歯を一本でも多く守り続けることができるのです。

定期健診により日頃から予防歯科の取り組みを続けることは、お口のトラブルと無縁の、健康で快適な生活にも繋がっていきます!

毎日ケアがあなたのを守ります!