虫歯治療と歯内治療

toot decay treatment and endodontic

はじめててらしま歯科にご来院の方へ
mekkin-side-min.jpg
inv-side-min.jpg
一緒に働く仲間を募集中
てらしま歯科のinstagram

アクセス

診療時間

△:〜18:00まで

休診日:木曜日・日曜日・祝日

ご予約・お問い合わせ

0587-23-8585

​歯を抜くことなくできるだけ残す保存治療

歯を失う主な原因は、虫歯(う蝕)による歯の崩壊や、虫歯が神経にまで達して起こる歯の根の病気、歯周病による歯周組織の破壊などがあります。


従来の虫歯治療は、虫歯になりそうな部分もあらかじめ大きく削るため痛みが伴いました。

当院の保存治療ではできるだけ最小限に虫歯を削り、健康な歯を削ることはありませんので、痛みはほとんどありません。

​虫歯の原因とは

01

歯質と唾液

03

​細菌の繁殖

糖分の摂取

02

間食が増えると口の中が酸性になり、虫歯になりやすい状態が続きます。

歯質と唾液の量や性質は一人ひとり異なり、虫歯になりやすいかどうかを左右します。

糖分やタンパク質を分解して酸を排出し、歯のエナメル質などを溶かします。

虫歯はこうして進行します

歯の表面に虫歯が
できます

虫歯が神経に近くなり、冷たいものがしみます

熱いものがしみて、ズキズキ痛みます

神経が死んでしまい、痛みを感じなくなります

​歯内治療とは

歯内治療とは、文字通り「歯の内部の治療」のことです。虫歯が進行して歯の根の中の管(根管)に細菌感染を及ぼした場合、根管をきれいに掃除して感染物質を除去する必要があります。
根管は、いわば歯を支えるための土台です。土台である歯根がしっかりしていなければ、立派な被せ物を作ってもすぐに外れたり壊れたりしてしまいます。
根管の治療は、歯を長持ちさせるための大切な基礎工事なのです。

口腔がん検診
link-side-min.jpg