【全ての大人へ】歯列矯正にかかる値段っていくら?

歯列矯正にかかる値段っていくらだろう?

矯正期間や支払い方法保険適用されるケースもあわせて知りたいと考えていませんか?

本記事では、下記の内容を解説します。

■もくじ

1. 歯列矯正にかかる値段っていくら?

1-1 マウスピース矯正

1-1-1 インビザライン

1-1-2 アソアライナー

1-1-3 エシックス

1-2 ワイヤー矯正

1-2-1 プラスチックブラケット、セラミックブラケット

1-2-2 金属製のブラケット

1-2-3 裏側矯正

2. 矯正期間

2-1 マウスピース矯正

2-2 ワイヤー矯正

3. 支払い方法

4. 保険適用されるケース

5. まとめ

1. 歯列矯正にかかる値段っていくら?



歯列矯正は基本的に保険適用になりませんので、高額になる傾向にあり、自由診療の部分なので、歯科医院ごとに値段が異なってきます。

おおよそですが歯列矯正にかかる値段の内訳は、下記になります。

①レントゲンやCTなどの診察:0円~数万円

②後述する矯正器具の値段:ケースにより異なります。

③治療後のメンテナンス代:5万円前後

以上の①、②、③の値段を足した合計が総費用になります。

ここでは②の矯正器具の違いによる値段について解説していきます。

矯正方法としては、主に2つにわかれています。

1-1 マウスピース矯正

マウスピースの種類はたくさんありますが、主だった3種類を挙げておきます。

マウスピースを使用した矯正方法の基本的な治療方針は、透明で目立たないマウスピースを装着し、段階的にマウスピースを変形させていくことで、装着している歯列を理想の矯正像に近づけていくというものです。

ある程度弾性のある素材を使用しますので、矯正時の痛みはあまり強くありません。



測定した歯列から計算して、段階的に歯列を整えるためのマウスピースを、全て初診後に作成します。全体矯正で約90万円かかります。



徐々に歯列が変形してきたらその都度作り直すアソアライナーは全体矯正で約70万円になります。



初診時に制作したマウスピースを手作業で変形させ続けていくエシックスは、数本の矯正に対して使用されることが多いため、約10万円程度になります。

1-2 ワイヤー矯正

歯の表面に対してブラケットと呼ばれている矯正器具を装着してワイヤーで固定する方法です。

治療初期はワイヤーで固定することに慣れておらず、痛みを感じることがあります。

素材による違いや、歯の装着場所の違いにより種類がわかれています。

さまざまな種類や組み合わせがありますが、主だった3種類を挙げておきます。



白や透明なので目立ちにくいです。

ただ、金属を使用したときよりも耐久性は低くなります。

費用は約80万円程度になります。



矯正治療として目にしたことがある方も多いと思いますが、ある程度目立ってしまいますが、比較的安価です。

費用は約60万円程度になります。



歯の表面ではなく裏側に矯正器具を装着するため、目立ちにくいという特徴がありますが比較的高価になります。

費用は100万円以上になります。

2. 矯正期間



矯正の種類別に必要な治療期間を解説します。

2-1 マウスピース矯正

マウスピースの種類により異なりますが、おおよそ1年6ヶ月程度が矯正期間になります。

もちろん、歯の状態によって治療期間に幅があることにも注意が必要です。

2-2 ワイヤー矯正

こちらも歯列の状態により異なりますが、おおよそ2年程度が矯正期間になります。

個人差が大きいので、マウスピース矯正と同様に詳しくは、かかりつけの歯科医師に確認すると良いでしょう。

3. 支払い方法



矯正治療の支払い内容を大きくわけると、矯正に対する基本料金受診毎の診察費にわかれています。

支払い方としては下記のような2種類があります。

①矯正に対する基本料金だけを払って、受診毎の診察費をその都度支払う方法

②矯正に対する基本料金と受診毎の診察費を最初にまとめて払っておく方法

以上にわかれますが、総費用としてはあまり違いはありません。

また、クレジットでの支払いやデンタルローンなどもありますので、きちんと歯科医師に確認すると安心でしょう。

4. 保険適用されるケース



歯列矯正は基本的に保険適用にならず、自由診療の範囲内です。

ただ、保険が適用されるケースがあります。

それは、顎変形症などの外科的な手術を要する場合や、鎖骨頭蓋骨異形成などの指定されている疾患の場合です。

基本的には審美目的の歯列矯正だと、保険がききませんので注意が必要です。

5. まとめ



歯列矯正にかかる値段は、診察費用や矯正器具の費用、治療後のメンテナンス代を合計した金額になります。

マウスピースやワイヤーなどの矯正器具の種類によって値段は変わってきます。

支払いの方法も、基本料金と受診毎の費用をまとめて払う方法と、別々に払う方法にわかれており、クレジットカードやデンタルローンも必要に応じて検討してみましょう。

基本的に歯列矯正は保険がききませんが、保険適用できるケースがあります。

不明な点がある場合は、かかりつけの歯科医師に相談すると良いでしょう。


てらしま歯科

愛知県稲沢市緑町4-9-1

名鉄名古屋本線国府宮駅から南に2km、奥田駅から徒歩5分

土曜日診療、夜間診療

お電話は0587-23-8585

矯正相談、治療相談いつでも受け付けております。

We work for thanks and emotion.

虫歯0を目指す予防歯科へ