インビザラインがさらに進化!インビザラインGoシステムって?「キレイライン」と比較してみた


インビサラインとは、従来のワイヤー治療に比べて通院にかかる時間や回数が少なく、トラブルや痛みも少ないことから、芸能人などにも人気のマウスピース矯正治療のことをいいます。

そのインビサラインに新しく前歯のみの歯列矯正に特化したシステムとして開発された『インビザラインGo』というものがあります。

それではさっそくインビザラインGoシステムがどんなものなのか、詳しくみていきたいと思います。

1. インビサラインとインビサラインGoとの違いとは


そもそも「インビザライン」と「インビサラインGo」の違いって何なのでしょうか?どちらもアメリカのAlign社が提供しているマウスピース矯正システムですが、その違いについて解説します。

〇インビザラインとは

「インビザライン」とは1999年からアメリカでサービスが始まったマウスピース矯正システムのことを指します。現在までに多数の実績があるシステムで、奥歯を含めた全ての歯を動かすことが可能です。


全ての歯を動かせるため、様々なケースに対応できるシステムです。ただ、大臼歯、つまり奥歯を動かすことができる反面、治療計画が複雑で従来のワイヤー矯正と同等かそれ以上の治療費や矯正期間になります。

〇インビザラインGoとは

一方で「インビザラインGo」は「インビザライン」のシステムを引き継ぎ、前歯だけの歯列矯正に特化したシステムとして開発されました。奥歯を動かせないため、対応できる症例は限られてしまいますが、矯正期間が制限されているので、治療費や矯正期間が短くなるというメリットがあります。

このようなことから前歯のみの軽度の矯正治療には、矯正期間が短くて治療費が安いインビザラインGoでの矯正治療がオススメです。奥歯も矯正が必要な重度の場合には、インビザラインでの矯正治療をオススメします。

2. キレイラインとは


キレイラインとは、手軽な価格で始められるマウスピースを使った歯列矯正方法です。マウスピース矯正のいちばんの特徴は、審美的に優れている点ではないでしょうか。

キレイラインのメリット

○ 低価格で始められる(目安の総額10~30万円)

○ 治療期間が短い(5ヶ月~1年3ヶ月程度)

○ 目立たない

○ 痛みが少ない

○ 取り外しができる

○ ホワイトニングもできる

キレイラインのデメリット

○ 部分矯正のため、奥歯の歯並びは治せない

○ 重度の歯並びの場合、治せない場合がある

キレイライン矯正は、従来のマウスピース矯正のメリットを生かしつつ、『治療費』の削減や『治療期間』を短縮した治療法として注目されています。

キレイライン矯正では見た目の印象に重要な上下6本の前歯をメインに、理想の歯並びになるように動かしていきます。前歯の改善だけに特化しているので、治療期間が短くなるメリットがあります。

【こんな人にオススメ】

○ できるだけ安く矯正をしたい

○ 短時間で歯並びを治したい

○ 活舌が悪くなると困る

○ 見た目が悪くなるのがイヤ

○ ホワイトニングも同時にしたい

キレイラインについて分かりやすい動画がありますので、紹介しておきます。6分程度でメリット、デメリットが分かるのでオススメですよ。


3. インビサラインGoとキレイラインとの違いとは


マウスピース矯正というと、どれも同じようなものだと思われがちなのですが、インビザラインGoシステムは、他のマウスピース矯正と明らかなに違う点があります。それはインビザラインGoシステムというものが、最新のテクノロジーを用いた特殊な矯正システムであるからです。

○マウスピースの精度が高い

インビザラインGoのマウスピースは非常に精度が高いため、歯にピッタリだという特徴があります。インビザラインGoの技術は型取りの段階から全てデジタル化されていて狂いがないのに対して、ほかのマウスピース矯正の場合には、型取りの段階からマウスピース作製まで全てアナログの作業になり、インビザラインGoに比べると精度が落ちてしまいます。マウスピースはピッタリとフィットしているほど、狂いなく歯を動かしてくれるので、精度が高いことはとても重要なことなのです。

〇治療の予測、期間の見通しが立ちやすい

「インビザラインGo」では、型取りしたデータをこれまでの蓄積されたデータから解析して、人工知能が歯の動きを正確に予想することができ、仕上がりのイメージや治療期間を正確に計算することができます。これは他のアナログなマウスピース矯正にはない特徴です。

前歯が軽度の歯列不正であれば予測実現性が高く、キレイラインでの矯正でも十分な仕上がりで満足のいくものになるのではないでしょうか。

また治療費を安くしたいのであれば、キレイラインでの矯正にメリットがありますが、本格的にマウスピースで矯正するなら、アタッチメントを併用するインビザラインGoの方が現段階では良いのではないでしょうか。

将来の自分の歯のことをしっかり考えて、慎重に矯正治療を選択しましょう。

4. まとめ

皆さん、いかがだったでしょうか。少しでも参考になればと思い、「インビサラインGo」と「キレイライン」との違いについてまとめてみました。

どちらを選ぶかは皆さん次第ですが、それぞれのメリットをよく考えた上で後悔のないように選んでいきたいですよね。