乳歯の神経を抜いたら、永久歯はどうなるの?

歯には乳歯と永久歯があります。

子どもの頃に生えている歯は乳歯で、成長すると共に永久歯に生え変わっていきます。


もし乳歯が虫歯になり、歯医者で「乳歯の神経を抜く」と説明を受けた時でも慌てないように事前に乳歯の治療法について知っておきましょう。


乳歯の神経を抜く

乳歯の神経を抜く場合、考えられる原因の1つとして虫歯がありますが、乳歯の神経を抜く原因は様々です。

虫歯が大きくなってしまうと、乳歯でも神経を抜く治療が必要になってきます。


乳歯の神経を抜いてしまっても、後から生えてくる永久歯には影響ありません。


しかし、乳歯にできているむし歯をそのまま放っておく方が危険です。


◆そのまま放置していると

虫歯が大きくなって、歯の中心にある神経まで到達すると、歯の神経の治療が必要です。神経まで到達したむし歯を放っておくと、乳歯の根っこの先に膿ができて、後から生えてくる永久歯の邪魔をします。歯茎も腫れて、だんだん痛みも出てきますので、異変がある場合は痛みが出る前に早めの歯科受診をおすすめします。


◆乳歯の神経を抜いた後の永久歯について

神経を抜いた乳歯は抜けるのが早まったり、遅くなったりするでしょう。乳歯の下には生え変わるために永久歯がありますが、乳歯と永久歯はそれぞれ独立しています。乳歯の神経は残しておけるなら残しておいた方が良いですが、治療が必要な場合は歯科治療を受けましょう。



乳歯の神経を抜く治療法

乳歯の神経を抜く治療法は病院によって様々ですので、かかりつけの歯科医院でどんな治療になるか聞いて下さい。乳歯の神経の治療後は、金属の被せ物をする場合があります。お子さんによっては、金属アレルギーを発症する可能性がありますので気を付けて下さい。


ムシ歯菌は感染する

乳歯の神経を治療しても永久歯には影響ありません。しかしむし歯は、永久歯もむし歯になってしまう可能性があります。乳歯にむし歯ができやすかった人は、口の中にむし歯菌が多くなっているので永久歯もむし歯になりやすくなります。むし歯菌を減らすためにもしっかり歯磨きを徹底しましょう


まとめ

もし歯医者に行って乳歯の神経を抜く治療を勧められたら、早く治療をすすめた方がいいでしょう。もし治療に納得できない場合は、他の歯科医院にも行って診察を受けください。納得してから診察を受けることも大切ですので、説明を聞いても納得できていないうちは治療を進めないようにしましょう。


当院でも随時相談を受け付けています。

気になる症状等ございましたらご連絡ください。

てらしま歯科

愛知県稲沢市緑町4-9-1

0587-23-8585

https://www.terashima-dental.com/

WEBから24時間予約受付しています。