インビザラインGOとは、基本情報や特徴などをわかりやすく解説

歯並びが悪いので矯正治療を受けたいものの、ワイヤーを装着しなければならないので、面倒そうと感じる人は多くいます。

そのような方には、インビザラインGOがおすすめです。インビザラインGOなら、手軽に矯正治療ができます。

今回は、インビザラインGOの基本情報や特徴を紹介します。加えてインビザラインGOのメリットもまとめました。矯正治療に興味のある方は、この記事を参考にしてください。


1.インビザラインGOの基本情報


インビザラインとは、マウスピースによる矯正治療のことです。1998年にアメリカで開発された矯正治療システムで、日本では2006年から導入されました。インビザラインGOシステムは2018年に誕生し、インビザラインシステムを改良をした最新の矯正治療システムです。

矯正治療には、歯の表面にブラケットと呼ばれる装置を取り付けるワイヤー治療、歯の裏側にマルチブラケットと呼ばれる装置を取り付ける舌側矯正などがありました。インビザラインGOは、ワイヤーを使用しない新しい矯正方法として注目を集めています。



1-1.インビザラインGOの治療方法


インビザラインの治療方法では、圧さ1.5mmのマウスピースを使用します。1日20時間以上口腔内に装着をして、2週間が経過したら新しいマウスピースに交換します。患者の使用状況によっては、1週間での交換も可能です。


2.インビザラインGOの治療でできること


インビザラインGOでは、ほかの治療方法にはない特徴があります。


2-1.前歯の治療


インビザラインGOの場合は、部分的な矯正治療も可能です。全体の矯正治療までは必要がないものの、前歯のズレを治したいという治療にも対応できるので、手軽に利用できます。


2-2.インプラントを埋めるための隙間を作る


失った歯をインプラントで埋めるためには、埋めるためのスペースが必要です。インビザラインGOの場合は、隙間を作るための治療ができます。そのため、スムーズなインプラント治療が可能です。


2-3.元に戻った歯の矯正ができる


矯正治療をしたものの、再び元の位置に戻ることがあります。インビザラインGOでは、元に戻った歯(後戻り)の矯正治療もできるので便利です。



3.インビザラインGOのメリット


インビザラインには、ほかの矯正治療システムにはないメリットがあります。矯正治療を検討されている方は、参考にしてください。おもなメリットとして以下の5つがあります。


3-1.目立たない


インビザラインのメリットの1つ目は、目立たないことです。ワイヤーによる矯正治療の場合は、前歯や奥歯に装置を取り付けるので目立ちます。そのため、接客関係の仕事に従事している人には不向きです。

インビザラインの場合、非常に薄い透明なプラスチックで作られています。周囲に気づかれにくいので、安心して使用できるでしょう。


3-2.食事がしやすい


ワイヤーによる矯正治療の場合、取り外せないので食事のときに苦労することがあります。粘着性の強いものや固いものについてはワイヤーに挟まる可能性があるので、我慢しなければなりません。

インビザラインGOの場合、取り外しが可能なので、食事の時には取り外して食べられます。そのため、いつでもおいしく食事ができるでしょう。


3-3.痛みがない


インビザラインの3つ目のメリットは、痛みがないことです。

ワイヤーによる矯正治療の場合、金属の装置を歯に装着します。金属が常に口の中や舌などにあたるので、痛みが伴うことがあります。ケースによってはワイヤーによる刺激によって、口内炎になることもあるので注意が必要です。

インビザラインの場合は、金属を使用しないので痛みがありません。矯正治療では、歯の位置を動かすことを目的としていますが、インビザラインGOは通常のワイヤー治療よりも歯が動くときの痛みが少ないというメリットもあります。


3-4.スポーツや楽器の演奏が楽しめる


歯にワイヤー装着する場合、スポーツや管楽器の演奏などに支障をきたすことがあります。ケースによっては、ケガをしてしまうこともあるので注意が必要です。

一方で、インビザラインGOの場合、装置を外して楽しむことができます。そのため、安全な矯正治療が可能です。


3-5.短期間での矯正治療が可能


通常の矯正治療の場合は、2年かかることもあります。一方、インビザラインGOの場合は5カ月ほどで完了できます。マウスピースを交換しながら矯正ができるので、短期間での治療が可能です。


4.インビザラインGOとインビザラインとの違い


インビザラインにはいくつかの種類があります。通常のインビザラインの場合、奥歯の位置を動かすことができるので、幅広い症状についての対応が可能です。ただし、インビザラインの場合は治療計画が複雑になり、矯正治療の時間も長くなるというデメリットがあります。

インビザラインGOの場合、奥歯を動かさずに矯正治療ができます。そのため、前歯に特化した矯正治療も可能です。加えて、通常のインビザラインよりも矯正期間が短いので治療費も安く抑えることができます。手軽に矯正治療を受けたい人は、インビザラインGOがおすすめです。



5.まとめ


インビザラインGOとは、圧さ1.5mmのマウスピースを使用する矯正治療です。通常の矯正治療に加えて、インプラントを埋めるための隙間を作る治療や前歯のズレを治す治療にも対応しています。ワイヤーによる矯正治療とは異なり、目立たない治療ができるので安心です。

「てらしま歯科」では、インビザラインGOによる矯正治療を行っています。片顎につき19万円からというリーズナブルな料金で提供しています。3Dシミュレーションシステムも搭載しており、治療前の状態や終了までの期間がわかるので安心して矯正治療が受けられるのが強みです。

矯正治療を検討されている方は、ぜひ「てらしま歯科」へお問い合わせくださいませ。

てらしま歯科

愛知県稲沢市緑町4-9-1

0587-23-8585

https://www.terashima-dental.com/

WEBから24時間予約受付しています。