インビザラインGOの施術の流れとは?その具体的な流れや手順をご紹介!

歯並びを良くしたい!と思う方が検討すべき治療である歯列矯正には様々な方法があります。その中でも、金属を用いず、負担も少ない治療法として話題になっているのが、「インビザラインGO」です。この治療法は従来からもあったいわゆる「マウスピース矯正」の一種ではありますが、具体的にはどういった流れで矯正が完了するのでしょうか。今回は、近年話題のインビザラインGO」の特徴や治療の流れについて解説していきます。



1.「インビザラインGO」とは?

近年話題の「インビザラインGO」とは一体何なのでしょうか。従来、歯列矯正には3種類の治療方法がありました。

まずは最も代表的かつ一般的な治療法である「ワイヤー(ブラケット)矯正」。文字通り、歯と歯の間にブラケットと呼ばれる矯正装置を取り付け、その装置を更に特殊なワイヤーを用いて連結させ、歯に微弱な力を長期的に加え続けていくことで、徐々に歯の位置を移動させようというものです。


もう1つ、外科的な手術を伴って矯正治療を行う「インプラント矯正」という方法もあります。これは歯の近くにインプラント器具を外科的に埋め込んだり、時には切開などの手術を施しつつ、きっちりと矯正装置を固定することによって歯並びを矯正する治療法です。


さらにもう1つ、「マウスピース矯正」というのもあります。マウスピース矯正はマウスピースを長時間くわえることで徐々にゆっくりと、段階的に歯の位置を移動させる治療法で、確実に固定する装置はない分治療は長くなりますが、金属による装置の固定がない分、取り外しも自由でより快適な治療を行えます。

インビザラインGOは、この「マウスピース矯正」に含まれるもので、マウスピースによる矯正のメリットを最大限に活かしながら、デメリットを最小限に抑えた発展的な治療法です。



2.「インビザラインGO」の特徴やメリットとは?

インビザラインGOは、米国アライン・テクノロジー社によって開発されたマウスピースによる画期的な矯正治療法です。前述の通りマウスピース矯正にあった弱点を補完し、メリットを最大限に伸ばしているため、様々な特徴やメリットがあります。以下に見ていきましょう。


2-1.金属を用いず、負担の少ない矯正治療

まず第一に挙げられるメリットは、何と言っても「負担の少ない治療法である」ということです。

従来のワイヤー矯正やインプラント矯正では、その特性上どうしてもしっかりと歯を固定するために矯正器具の取り付けが必須です。これは多くの場合金属製で、金属アレルギーの人は装着することができません。また特にインプラント矯正の場合では外科的な手術が伴うので、手術後の腫れや痛みなども問題となっていました。

しかしインビザラインGOのようなマウスピース矯正では、器具を取り付けずにマウスピースをくわえるだけの治療なので、そうした外科的な切開によるダメージもありませんし、継続的な金属の装着による痛みやダメージもありません。装着時間の制限はあるものの、そもそも取り外しが自由にできるので、固定型の治療と比べると負担は段違いに小さくなっています。


2-2.マウスピースが透明で目立たない・薄い構造で違和感も少ない

歯列矯正を踏みとどまる理由の一つに「見た目が気になる」というものがあります。歯に矯正器具をつければどうしても歯を見せた時に違和感がありますし、幼い頃はそれが原因で馬鹿にされるなど社会生活に不都合が生じる場合もあります。

しかしながらインビザラインGOでは、マウスピースは透明で目立ちにくく、表面的には歯列矯正をしていることがわかりにくい構造になっているので、見た目を気にする必要がありません。また、インビザラインGOのマウスピースの厚さはわずか0.5mm。透明な上、とても薄いので、マウスピースを装着している違和感も殆どありません。


2-3.安価で短時間・短期間に矯正治療ができる

インビザラインGOは「部分的に歯並び治療を行う」ことも大きな特徴で、部分単位でマウスピースを作成するので、通常の全般的な歯列矯正よりも安価に治療を行えます。

また、従来の歯列矯正の場合ではワイヤーの張替や都度新しいマウスピースを作っていたため治療が長期に及んでいました。しかし、インビザラインGOの場合は最適なマウスピースを治療の最初の段階で作ってしまうので、短期間で効率良く治療を行うことができます。

またマウスピースを作る際はアライン・テクノロジー社製のソフトウェアで患者様の口腔内の状態を3Dで読み取り、それを元にしたシミュレーションをしっかり行うので、患者様1人1人に合った最適な治療を行えます。


3.インビザラインGOによる治療を行うまでの流れ

ここからは、インビザラインGOを用いた治療の流れについて紹介していきます。


3-1.歯科医院のスタッフに相談する

歯列矯正を行う旨を、まず歯科医院のスタッフに相談するところからスタートです。できればインビザラインGOによる歯列矯正を行いたい旨もしっかり伝えましょう。


3-2.詳細な型取りや歯の移動のシミュレーションを綿密に行う

インビザラインGOによる治療を実際に行うことが決まったら、まずはマウスピースを作るために患者様の口腔内を精細に型取りする作業が待っています。型取りを終えたら、型取りをもとにアライン・テクノロジー社製のソフトウェアによって歯の移動の詳細なシミュレーションを実施します。その結果を、患者様には型取りから概ね2週間後の来院時にお伝えする流れとなります。


3-3.シミュレーション結果の確認・治療開始

患者様同席のもとで詳細にシミュレーション結果の確認を行っていただき、シミュレーションを基にした矯正治療のプロセスやゴールをしっかりと明示します。同意が得られればあらかじめシミュレーション結果に基づいた複数のマウスピースの製造を発注します。マウスピースが到着したら治療開始です。


3-4.シミュレーション結果の確認・治療開始

患者様の状態を見ながら、段階的にマウスピースを付け替えて治療を行なっていきます。基本的には長時間に及ぶマウスピース装着となりますが、部分部分であることや、歯磨きの際は一時的に取り外しも可能なのであまり負担には感じないでしょう。継続的なマウスピース装着によって徐々に歯が移動し、シミュレーションどおりに矯正ができれば完了です。



4.まとめ

以上、インビザラインGOを用いた矯正治療について、その特徴やメリット、実際に治療を受ける流れなどを網羅的に解説してきました。インビザラインGOが画期的なのは、ある程度の負担やダメージが治療の代価として発生していた歯列矯正に「負担や違和感の軽減された安価な治療」という一石を投じたことです。

インビザラインGOは治療開始までに詳細な型取りやシミュレーションなどの作業を行うのでそこで少し時間はかかりますが、一旦作成してしまえばその後の負担は少ないので、治療が始まってからはその期間が短く感じられるでしょうし、実際により短い期間での治療が可能なので、歯列矯正に不安を持っている人ほどお勧めできる治療方法です。

てらしま歯科で歯列矯正をする際は、ぜひインビザラインGOでの治療ができないか相談してみてくださいね。


てらしま歯科

愛知県稲沢市緑町4-9-1

0587-23-8585

https://www.terashima-dental.com/

WEBから24時間予約受付しています。