【完全網羅】食いしばりのデメリットや治療方法とは?

食いしばりのデメリットって何があるんだろう?

治療方法だけではなく、食いしばりを改善したときのメリットも知りたいと考えていませんか。

本記事では、下記の内容を解説します。

■もくじ

1. 食いしばりのデメリット

1-1 歯が変形してしまう

1-2 顔が大きく見える

1-3 歯がグラグラしてくる可能性

1-4 歯周病や虫歯が悪化する

1-5 噛み合わせが悪くなる

2. 食いしばりの治療方法

2-1 ボトックス治療を行う

2-2 マウスピースを装着する

2-3 マッサージを行う

2-4 クセを改善する

3. 食いしばりを改善したときのメリット

3-1  シワが減る

3-2 顔が小さく見える

3-3 頭痛や肩こりを緩和する

4.  まとめ

1. 食いしばりのデメリット



食いしばりによるデメリットは大きくわけて5つあります。

1-1 歯が変形してしまう

歯がこすれあうことで表面が削れていきます

ときには歯が欠けたり、被せ物や詰め物にも影響してくることもあります。

神経を取り除いてしまった歯はクッション性が無くなるので、強い力に弱くなってしまいます。

特に昼間よりも、夜間寝ているときに生じる食いしばりの方が圧力が高いとされています。

1-2 顔が大きく見える

食いしばりを続けていると、頬の筋肉が緊張しすぎて、エラが張ったように見えることがあります。

顔が大きく見える原因は、むくみや骨格なども関係がありますが、食いしばりも原因の1つになります。

1-3 歯がグラグラしてくる可能性

歯がグラグラ動くことを動揺といいますが、食いしばりにより強い力が加わり続けると、歯を支えているはずの骨に圧力がかかりすぎることで、動揺につながってしまいます。

1-4 歯周病や虫歯が悪化する

食いしばりが原因で歯周病や虫歯が悪化する可能性があります。

食いしばりによって歯が欠けたり、ヒビが生じたりすることで菌が侵入しやすくなるためです。

1-5 噛み合わせが悪くなる

前述したように、食いしばりが続くと歯の表面が削れたり欠けたり、強い力が過度に加わると歯が沈み込む可能性がでてきます。

そうなると、噛みあわせにも影響してくることになります。

2. 食いしばりの治療方法



食いしばりに効果的な治療方法は主に4つです。

順番に解説していきます。

2-1 ボトックス治療を行う

食いしばりの治療方法にはボトックス注射を行うこともあります

ボトックス注射によって筋肉の緊張がゆるむためです。

注射してから数日から1週間程度で効果がでてきますが、持続する期間はおよそ6ヶ月ですので、根治治療というわけにはいかないのが現状です。

また、自由診療になりますので、1回で数万円程度かかることにも注意が必要です。

2-2 マウスピースを装着する

食いしばりがひどい場合には、マウスピースを作って装着する方法もあります。

マウスピースを装着することで、歯と歯の接触を抑えるので確実な負担の軽減につながります。

また、最近は大人だけでなく、子供も歯ぎしりがあるために心配される親御さんもおられます。

ですが、子供の歯ぎしりにはマウスピースが必要な場合と不要な場合があります。

詳しくはこちらの、【子供がいる人必見】子供の歯ぎしりにマウスピースってつけた方がいい?の記事を参考にしてみてください。

2-3 マッサージを行う

お口まわりの筋肉をほぐすためにマッサージを行います

筋肉の緊張がクセになっていますので、1回だけではなく定期的に継続して行っていくことが大切でしょう。

2-4 クセを改善する

寝る姿勢や頬杖をつくようなクセがある場合、改善するように働きかけます。

特に横向きで寝ると片側の頬のあたりに負荷がかかりますし、頬杖も歯ぎしりの原因になることがあります。

生活習慣が原因の場合は、その生活習慣を改善するしかありません。

3. 食いしばりを改善したときのメリット



食いしばりを改善した場合のメリットを3つご紹介します。

3-1  シワが減る

食いしばりが原因でシワになる場合が考えられます。

その食いしばりが軽減すれば、シワも徐々に、つきにくくなっていく傾向にあります。

3-2 顔が小さく見える

噛むときに使う筋肉がほぐれることで、エラが張っているのが軽減されます。

すると、顔のラインがすっきりすることがあります。

3-3 頭痛や肩こりを緩和する

筋肉はつながっているので、食いしばりが減ると、頭痛や肩こりが軽減されることがあります。

また、頭痛に関しては虫歯が原因で起こる場合もあります。

詳しくはこちらの、【知らないと危険】虫歯が頭痛や発熱の原因かも!?の記事を参考にしてみてください。

4.  まとめ



食いしばりのデメリットは5つあり、歯が変形してしまう、顔が大きく見える、歯がグラグラしてくる可能性、歯周病や虫歯が悪化する、噛み合わせが悪くなるなどです。

食いしばりの治療方法は、ボトックス治療を行う、マウスピースを装着する、マッサージを行う、クセを改善する等が挙げられます。

食いしばりを改善したときのメリットは3つあり、シワが減る、顔が小さく見える、頭痛や肩こりを緩和することができます。

食いしばりが気になっている方は、かかりつけの歯科医師に相談してみると良いでしょう。

てらしま歯科

愛知県稲沢市緑町4-9-1

名鉄名古屋本線国府宮駅から南に2km、奥田駅から徒歩5分

土曜日診療、夜間診療

お電話は0587-23-8585

矯正相談、治療相談いつでも受け付けております。

We work for thanks and emotion.

虫歯0を目指す予防歯科へ