歯が欠けたときの応急処置

こんにちわ。

愛知県稲沢市緑町の歯医者「てらしま歯科」です。

予防歯科で歯と体を健康に保つため、ちょっと役立つ、ためになる情報発信を心がけています。

不意にこけてしまったとき、硬いものを噛んでしまったとき、噛み合わせが悪かったときなど、様々なタイミングで「歯が欠ける」ことがあります。

この記事を読まれている方は、歯が欠けて応急処置について調べている方、もしくは歯が欠けることを心配されている方でしょう。


もし歯が欠けてしまったら?欠けた歯はどうするの?

順を追って対処法を紹介していきたいと思います。



①まずは落ち着こう

まずは冷静になり、状況を把握しましょう。

どんなに慌てても悲観しても歯が欠けてしまった事実は戻せません。

痛みがあるかもしれませんし、自分ではもとに戻せないことに動揺してしまうかもしれませんが、深呼吸してまずは安全な場所に移動してください。

そして今後の行動を考えましょう。


②欠けた歯の状態を確認

どんな状況で歯が欠けたのか

どこの歯が欠けたのか

欠けた歯はあるか

痛みはあるか

出血はあるか

思い出せる範囲で構いませんが、説明できるようにしておきましょう。

歯の欠け方や欠けた歯の有無でも治療法は変わってきますし、痛みがある場合は医師に相談して痛み止めを服用することもできます。

また、歯が欠けた部分は違和感があり気になると思いますが、なるべく指や舌で触らないようにしましょう。

欠けた部分で怪我をしたり、感染や歯並びへ影響するなど二次被害の可能性があります。



③歯を保存する

欠けた歯があれば、付け直せる場合もあるのでなるべく劣化しないように保存して、病院へ持って行きます。自分の身の回りのものでできる方法を選んでください。

• 口の中に入れる

生理食塩水(500mlの水に小さじ1の塩を混ぜたものでOK)につける

牛乳(できれば低脂肪乳)につける

どれもできなければ、水につけるか濡れたティッシュに包んで乾燥しないようにしておきましょう。


④歯科医院に連絡し、なるべく早く診察してもらう

かかりつけの歯科医院に電話をして相談しましょう。

予約がいっぱいでも緊急時は受け入れてくれることがあるので、歯が欠けてしまった状況を説明してください。

休日や夜間でかかりつけの歯科医院が開いてない場合は、休日夜間診療所など応急処置をしてくれる場所があります。

自分の家の近くの休日夜間診療所の場所や、休日夜間に開いている医院の情報ページなどを事前に把握しておくと良いでしょう。


関連記事>>>初めての歯医者の予約はどうしたら?知って得する。


注意すること

歯が欠けた部分を手や舌で触りすぎないこと。

出血がある場合も水ですすぐ程度にしておきます

そしてなるべく早く歯科医院に連絡をしてください。

痛みがある場合は電話で確認したうえで痛み止めを使用すると良いでしょう。

もし弱い衝撃で歯が欠けていた場合は、歯が欠けやすい原因が隠れている可能性も。

欠けた歯の治療と一緒に歯科医院に相談し、根本的な原因も治療しておくことをおすすめします。

当院でも随時相談を受け付けています。

気になる症状等ございましたらご連絡ください。


てらしま歯科

愛知県稲沢市緑町4-9-1

0587-23-8585

https://www.terashima-dental.com/

WEBから24時間予約受付しています。