【知っていますか?】差し歯が取れた場合の対処方法

差し歯が取れた場合の対処方法とは何だろう?

あわせて、差し歯が取れた場合の注意ポイントや、差し歯が取れてしまう原因が知りたいと考えていませんか。

本記事では、下記の内容を解説します。

■もくじ

1. 差し歯が取れた場合の対処方法

1-1 差し歯が取れた場所を把握する

1-2 取れた差し歯を無くさないように保管する

1-3 速やかに歯科医院で受診する

1-4 清潔にしておく

2. 差し歯が取れた場合の注意ポイント

2-1 差し歯が取れてしまった場所に触れない

2-2 差し歯が取れてしまった場所で噛まない

2-3 接着剤でくっつけないこと

2-4 差し歯を元の位置に戻さない

3. 差し歯が取れてしまう原因

3-1 金属の劣化によるもの

3-2 過度な歯ぎしりによるもの

3-3 虫歯によるもの

4. まとめ

1. 差し歯が取れた場合の対処方法



差し歯が取れてしまった場合の対処方法は4つあります。

順番に解説していきます。

1-1 差し歯が取れた場所を把握する

差し歯が取れてしまった場所を把握して、食事の際にできるだけその部分で噛まないようにします

取れたと分かった段階で、歯科受診をするようにしてください。

1-2 取れた差し歯を無くさないように保管する

取れた差し歯を捨てずに保管しておいてください

ティッシュに包んで保管しておくと、ゴミと間違えて捨ててしまう可能性があるので、ジップロックなどの適当な袋に入れておくと良いでしょう。

1-3 速やかに歯科医院で受診する

兎にも角にもすぐに歯科受診をします

放置期間が長引くと、再び治療するのに時間や費用がかかってしまいますし、最悪の場合治療できなくなる恐れもあります。

差し歯に限らず、痛みが無かったとしても放置せずにすぐ歯科受診をしてください。

1-4 清潔にしておく

差し歯が取れてしまった場所については、汚れがたまりやすいので、うがいや歯ブラシなどで清潔にしておいてください

差し歯が取れてしまったまま、あまりにも長い期間放置してしまうと、虫歯が進行してしまいます。

2. 差し歯が取れた場合の注意ポイント



差し歯が取れてしまった場合に注意すべきポイントは4つあります。

2-1 差し歯が取れてしまった場所に触れない

差し歯が取れた部分が気になるかも知れませんが、手で触れないようにします

差し歯が取れた場所は神経に近く、刺激に弱いので痛みが出てしまう可能性もあります。

2-2 差し歯が取れてしまった場所で噛まない

差し歯が取れてしまった場所は物理的に弱くなるため、食事の際に噛まないように気をつけます

穴の空いた部分は食べカスがたまりやすいので、虫歯の原因になります。

清潔にするとともに、できるだけ噛まないようにしてください。

2-3 接着剤でくっつけないこと

差し歯はきちんと計算されて装着してあります。

自分自身で接着剤を使ってくっつけようとすると、きちんとくっつかないどころか、ずれた位置で、はまってしまうこともあります。

差し歯がずれると、噛み合せにも影響してきますので、ご自身で装着しないようにしてください

2-4 差し歯を元の位置に戻さない

差し歯を無理に元の位置に戻そうとすると、歯が欠けてしまったり、誤って飲み込んでしまう危険性があるので、絶対にやめてください。

上記したように自分で接着剤でくっつけてしまうと、食事をしているときに外れてしまい、歯茎に刺さってしまう恐れもあります。

3. 差し歯が取れてしまう原因



差し歯が取れてしまう原因として考えられることは主に3つあります。

3-1 金属の劣化によるもの

差し歯の材料に金属を使用している場合、金属の経年劣化によって、歯との間にすき間ができることで、取れてしまうことがあります。

3-2 過度な歯ぎしりによるもの

歯ぎしりや食いしばりなどで、過度に負担がかかると、歯科用の接着剤が割れてしまう可能性があります。

また、食いしばりは歯自体が変形してしまったり、顔が大きく見えることもあります。

詳しくはこちらの【完全網羅】食いしばりのデメリットや治療方法とは?の記事を参考にしてみてください。

3-3 虫歯によるもの

基本的に歯科用の接着剤というのは、簡単に外れないように強力な接着性をもっています。

ただ、差し歯を接着剤でとめていたとしても、虫歯が進行してくると、すき間が出来てしまい、差し歯が外れる恐れがあります。

特に、痛みが無いからといって日々の歯磨きをおろそかにしていると、知らず知らずのうちに虫歯が進行してしまいます。

4. まとめ



差し歯が取れた場合の対処方法としては4つあり、差し歯が取れた場所を把握する、取れた差し歯を無くさないように保管する、速やかに歯科医院で受診する、清潔にしておくといったことが挙げられます。

差し歯が取れた場合の注意ポイントは、差し歯が取れてしまった場所に触れない、差し歯が取れてしまった場所で噛まない、接着剤でくっつけないこと、差し歯を元の位置に戻さないことです。

差し歯が取れてしまう原因は、金属の劣化によるもの、過度な歯ぎしりによるもの、虫歯によるもの等が挙げられます。

仮に差し歯が取れてしまった場合は、焦らずに歯科受診をするようにしてください。

てらしま歯科

愛知県稲沢市緑町4-9-1

名鉄名古屋本線国府宮駅から南に2km、奥田駅から徒歩5分

土曜日診療、夜間診療

お電話は0587-23-8585

矯正相談、治療相談いつでも受け付けております。

We work for thanks and emotion.

虫歯0を目指す予防歯科へ