インビザラインiGOで出っ歯治せるの?

最終更新: 2月20日

出っ歯は、口元全体が前に出ている感じになったり、口がいつも開いているようになってしまったりと悩んでいる人はとても多いものです。

そのため、出っ歯を矯正したいと考える人はたくさんいます。

インビザラインiGOは、前歯のみの矯正ができるシステムですが、出っ歯には対応しているのでしょうか?

インビザラインiGOで出っ歯を矯正することができるのか解説していきます。


出っ歯の起こすデメリット



出っ歯といっても軽度のタイプからかなり前に歯が出ているタイプまで様々なタイプがあります。

出っ歯によるデメリットは、まず見た目で悩むということが挙げられるでしょう。

口元が前に出ているような形になり、自分の口元をコンプレックスに考える人が多いものです。

そして、見た目だけではなく出っ歯の場合は日常生活でも危険があります。

歯が前に出ているため、何かにぶつかってしまった時、歯が折れてしまう可能性があるのです。

歯が折れなくても、歯が唇に刺さってしまったりと口内を傷つけてしまう恐れがあります。

また、出っ歯の場合は口が閉じにくいため、口内が乾燥しやすくなります

口内が乾燥すると雑菌が繁殖しやすくなり、口臭や歯周病を引き起こしてしまうかもしれないのです。


出っ歯を治す方法とは



出っ歯を治す治療方法としては、まず4番目の歯を抜くことで、空いたスペースに前歯を後ろへ下げるという方法があります。

この方法であれば、抜歯が必用にはなりますが、上あごの骨格から下げることができるので、前歯だけでなく骨格から変化が現れます。

もし前歯があまり重なっていない場合でしたら角度を変えるだけで治せるので、ワイヤーやブラケットを用います。


インビザラインiGOは出っ歯でも大丈夫?


前歯だけを矯正したいけれど、ワイヤー矯正だと前歯に器具をつけるから余計に目立ってしまうことが嫌だという人も多いでしょう。

そこでおすすめの矯正が、インビザラインiGOです

インビザラインは透明なマウスピースによる矯正なので目立ちにくく、iGOは前歯のみの矯正が可能になりました。

ただし出っ歯全てに対応しているわけではありません。

歯が重なり合っているケースや、八重歯、抜歯をしても歯の移動が少ないケースには対応しています。

しかし、抜歯をしたことで歯の移動量が多い場合や、顎自体の位置がずれてしまっている場合には適応していません。


まとめ


インビザラインiGOによる出っ歯の治療は、目立ちにくく短い期間で矯正できることがメリットです。

しかし、どんなタイプの出っ歯にも対応しているわけではありませんので、まずは歯科医院で相談して自分に合った矯正方法を見つけましょう。


#インビザラインiGO#出っ歯


執筆 てらしま歯科 スタッフ

てらしま歯科・矯正歯科

愛知県稲沢市緑町4-9-1

名鉄名古屋本線国府宮駅から南に2km、奥田駅から徒歩5分

土曜日診療、夜間診療

お電話は0587-23-8585

矯正相談、治療相談いつでも受け付けております。

We work for thanks and emotion.

虫歯0を目指す予防歯科へ


#マウスピース矯正 #プチ矯正 #インビザライン #インビザライン矯正 #インビザラインgo #審美歯科 #invisalign #invisalignsmile #invisaligngo #dentist #smile #てらしま歯科 #稲沢市歯医者 #稲沢市 #予防歯科 #小児矯正 #小児歯科