矯正のために抜歯することに!痛みがありますか?

最終更新: 2月20日

矯正治療は痛いと聞いて治療に不安を感じておられる方もいらっしゃると思います。

また、矯正治療のためにいかしかたなく抜歯が必要といわれて抜歯する事自体に不安感を募らせる方もいらっしゃると思います。抜歯を行う必要がある方はこちらを参考にして下さい。今回は、抜歯と矯正治療中の痛みについてご説明いたします。



矯正治療を適切に行うための事前の抜歯について

矯正治療では患者様の歯並びを改善する上でやむお得ず抜歯を行う場合もあります。

抜歯は麻酔をしてから行うので安心してください。強い痛みを感じることはほとんどありません。


すでに出ている歯を抜く場合は?

すでに出ている歯を抜くときにミシミシとした感覚はあると思います。麻酔後の感じ方は個人差がありますので、まったく痛みが出ない方もおられますが、痛みが少し出る方も抜歯後に痛み止めを処方してもらえます


まだ出ていない歯(親知らず等)・または完全に出ていない歯を抜歯する場合は?

親知らずといっても退化して小さい歯や他の大臼歯と同じほど立派な形の歯もあります。また、歯冠や歯根が変形していたり骨に癒着している歯もあります。真横に生えていて他の歯を圧迫している場合などは時間のかかる難しい抜歯になることもあります。たとえ強い痛みや腫れがあった場合も抜歯後3日間くらいをピークとして徐々に落ち着き、通常1週間位で治まります。



矯正装置の痛みは?

矯正装置を装着した後や調整後は、ほとんど痛みを感じない方から多少痛みを感じる方まで様々です。もし痛みを感じる方でも矯正装置装着後2・3日で慣れて痛みを感じなくなる方が多いようです。何もしていない時は痛みを感じる方は少ないと思います。噛むときだけ少し歯が痛むといった感じをイメージして下さい。虫歯の様に何もしていない時にズキズキ痛むといった種類の痛みではありません。

さらに矯正治療の期間中ずっと痛いわけではありませんので安心して下さいね。この痛みの感じ方は矯正装置を初めて装着した時が一番強く治療が進むにつれて徐々に慣れて痛みを感じなくなってくる方がほとんどです。



抜歯後の注意

1・抜歯直後は激しい運動・入浴・お酒・たばこは控えましょう。

2・出血を気にしてうがいをしすぎないようにしましょう。うがいのしすぎは逆に治りがわるくなります。もし血が気になるようでしたら清潔なガーゼなどを10分ほど強く噛みましょう。

3.麻酔が切れるまでは食事を控えましょう。

4・抜歯した部分は非常にデリケートです。指や舌で触れると出血したり細菌が入る可能性がありますので刺激しないようにしましょう。

5・痛み止めを飲んでいても耐えれない程のひどい痛みやなにか異常を感じるときはすぐに歯科医に相談しましょう。


#矯正#抜歯#痛み