自分に合った歯ブラシの選び方!セルフオーラルケアで口腔ケア

毎日の歯磨きで使う歯ブラシですが、自分に合った歯ブラシを選んでいますか?ブラシの硬さや細さなどに違いがあるものの、安い歯ブラシや好きな色の歯ブラシを選んでいる人も多いでしょう。効果的な口腔ケアをするには、歯ブラシ選びはとても重要です。

そこで本記事では、歯ブラシの選び方のポイントをご紹介していきます。あまりこだわっていなかった人は、ぜひこの記事をきっかけに最適な歯ブラシを見つけてみましょう



歯ブラシ選びの重要性


歯磨きを習慣的に行っていても、歯ブラシが合っていないと、効果的な歯磨きができていないかもしれません。しっかり汚れを落とせていなかったり、磨き残しがあったりすると、虫歯や歯周病などにつながるリスクがあります。

価格や見た目で歯ブラシを選んでいる場合、口の大きさや歯の形に合っていないこともあるでしょう。毎日の歯磨きでしっかり歯や口内をきれいに保つためには、歯ブラシ選びからこだわる必要があります。


歯ブラシ選びの5つのポイント


いざ自分に合った歯ブラシを選ぼうとすると、歯ブラシコーナーの商品数に驚きますよね。毛の硬さや材質、形状など様々なので、迷ってしまうでしょう。そこで、歯ブラシ選びのポイントを5つピックアップしたので、ぜひ参考にして最適な歯ブラシを見つけてみてくださいね。



毛の硬さ


歯ブラシの毛の硬さは、「かため」「ふつう」「やわらかめ」の3種類があります。硬さを選ぶ際は、歯ぐきの状態に合わせるのが大切です。健康的な歯ぐきなら「かため」でも、歯ブラシの刺激に強く、しっかりと磨けます。「やわらかめ」は、歯ぐきが弱っているときにおすすめで、優しく磨くことができ、歯ぐきを傷つけにくいです。硬さに関わらず、ゴシゴシ磨きすぎると歯が削れてしまうので、程よい力で磨きましょう。


毛の材質


歯ブラシの毛に使われている材質は、ナイロンやポリエルテルなどがあります。ナイロンが一般的で、ポリエステルや動物の毛を使っている歯ブラシも販売されています。ポリエステルの歯ブラシは、ナイロンよりも耐久性があるので、1本の歯ブラシを長く使いたい人におすすめです。速乾性があり、雑菌が繁殖しにくく、衛生面でも優れています。


毛先の形状


毛先の形状は、山タイプと平面タイプの2つに分けられます。山タイプの歯ブラシは、毛の高さが異なるので、歯の表面を磨きつつ、歯間の汚れにしっかりと届きます。一方、平面タイプは、凹凸がなく、歯のの表面を全体的に磨けるようになっています。ただ、山タイプのように歯間のブラッシングには向いていないので、歯間ブラシなどを組み合わせるのがおすすめです。


ヘッドのサイズ


ヘッドのサイズは、歯を隅々まで磨けるかに関わるポイントです。ヘッドサイズが大きいと、奥歯まで届かずに磨き残しができやすくなります。コンパクトなヘッドサイズを選ぶと、奥まで届き動かしやすいので、磨き残さずにオーラルケアできます。コンパクトサイズは一度に磨ける範囲は限られるため、丁寧に磨くことが大切です。


持ち手の形状


歯ブラシの持ち手は、商品によってストレートタイプや曲がったタイプがあります。余計な力が入らずに持てるものを選ぶと、無理なく力を入れて歯を磨けます。持ち手は見た目で選びがちですが、実際に持ってみてフィット感を確かめるようにしましょう。


歯ブラシと一緒に使いたい用途別ブラシ


歯ブラシだけでは、磨ききれない部分があるので、用途別ブラシを併用するのがおすすめです。主な用途別ブラシを3つご紹介します。


タフトブラシ


タフトブラシとは、毛先が1本だけのブラシで、歯ブラシではアプローチできない細かい部分に届きます。歯間や溝などをピンポイントに磨くことができます。歯並びが悪い部分をタフトブラシで磨くという使い方もできるので、通常の歯ブラシと合わせて持っておくと便利です。


歯間ブラシ


歯間に歯垢が残っていると、虫歯や歯周病の原因になるので、歯間ケアも大切です。歯間ブラシは、歯の間に入れられるブラシで、歯間の歯垢をしっかり取ってくれます。歯ブラシでは歯間は磨ききれないので、歯間ブラシをセットで使ってみましょう。


歯ブラシの毛先が開いてきたら交換しよう


効果的に歯を磨くためには、定期的な歯ブラシの交換が必要です。交換するタイミングの目安は、毛先の開き具合で、毛先が開いてきたら新しい歯ブラシに交換しましょう。そのまま使っていると、ブラッシング効果が薄れ、歯間にも毛先が届かなくなるので、スペアを用意しておくのがおすすめです。



まとめ


自分に合った歯ブラシ選びは、虫歯や歯周病の予防に欠かせません。毛の硬さ・毛の材質・毛の形状・ヘッドのサイズ・持ち手の形状といった5つのポイントをおさえて、最適な歯ブラシを選ぶことが大切です。また、歯ブラシと合わせて、タフトブラシや歯間ブラシを併用すると、より隅々まで歯を磨けます。歯ブラシ選びにこだわって、健康的な歯・口腔をセルフケアでいつまでも保ちましょう。


てらしま歯科

愛知県稲沢市緑町4-9-1

0587-23-8585