マウスピース矯正での治療は治るのでしょうか?

最終更新: 2月20日

歯列矯正の中でも最近は目立ちにくい矯正として『マウスピース矯正』の人気が高まっています。

しかし、従来のように装置をしっかりと固定するわけではないので、本当にマウスピースで矯正することができるのかと疑問に思う人もいるでしょう。

そこで、マウスピース矯正で本当に歯列矯正治療が可能なのか解説していきます。



ワイヤー矯正の仕組み


歯列矯正といえば、歯全体にワイヤー装置をつける矯正方法をイメージする人が多いと思います。

ワイヤー矯正は、ブラケットという装置をつけて歯列の形をしたワイヤーを通すことで、歯をワイヤーで引き寄せるようにして力を加えて動かしていきます。

少しずつ矯正装置によって力をかけ、歯や周囲の骨に負担をかけないように歯を動かすことができるのです。


マウスピースで矯正治療はできるのか?


マウスピース矯正も、ワイヤー矯正と根本は同じです。

ワイヤーがマウスピースに変わるだけであり、歯を少しずつ動かすことで歯並びを矯正していくことになります。

つまり、ワイヤー矯正と同様の効果を得られるのです。

原理としては同じ事となり、マウスピース矯正ではマウスピースを2週間に一度変えながら少しずつ歯を動かしていくことになります。


マウスピース矯正のメリット


マウスピース矯正でも歯列矯正治療は可能であり、従来のワイヤー矯正よりもメリットが多くなっています。

ワイヤー矯正よりも目立たないという点だけではなく、治療期間が短くなることや、矯正の痛みなどを感じにくいという点などが挙げられます。

また、取り外しができるからこそ、矯正中では食べることができない粘着質な食べ物や硬い食べ物、着色する飲み物など気にすることなく食べることができるのです。



マウスピース矯正ができないケースもある


ワイヤー矯正よりもメリットが多いマウスピース矯正ですが、どんな歯列でも対応しているというわけではありません。

極度に歯並びが悪いような場合や、骨格に問題があるような場合、抜歯が必要になり歯の移動量が大きくなるような場合はマウスピース矯正が難しいと言えます。

マウスピース矯正が難しいような場合は、途中まではワイヤー矯正を行い、ある程度歯を動かすことができたらマウスピース矯正に切り替えることも可能です。


まずは歯科医院で相談を


マウスピース矯正はワイヤー矯正と同じように歯列矯正をすることができます

しかし、どういった治療が合っているかは歯の状態を確認し、検査を行ってから決めなくてはなりません。

まずは自分自身の歯の状態を知り、どういった矯正手段が自身に最も合うのか歯科医に相談しましょう。






執筆 てらしま歯科 スタッフ


てらしま歯科・矯正歯科

愛知県稲沢市緑町4-9-1

名鉄名古屋本線国府宮駅から南に2km、奥田駅から徒歩5分

土曜日診療、夜間診療

お電話は0587-23-8585

矯正相談、治療相談いつでも受け付けております。

We work for thanks and emotion.

虫歯0を目指す予防歯科へ

#マウスピース矯正 #プチ矯正 #インビザライン #インビザライン矯正 #インビザラインgo #審美歯科 #invisalign #invisalignsmile #invisaligngo #dentist #smile #てらしま歯科 #稲沢市歯医者 #稲沢市 #予防歯科 #小児矯正 #小児歯科