インビザラインiGOのゴムかけは必要?注意すべき点は?

最終更新: 2月20日

インビザライン矯正を行っていると、「ゴムかけ」を途中から行っている人を見たことはありませんか?

歯の中に透明なゴムを引っ掛けているもので、あまり見えないことが多いのですが、場所によっては口を開けた時に見えることもあります。

少し始めは不便という声も多いものの、このゴムかけはとても大切な工程です。

インビザラインiGOでもゴムかけは必要なのか解説していきます。



矯正におけるゴムかけとは?

インビザラインによる矯正で用いられるゴムは、「顎間ゴム」とも呼ばれています。

この顎間ゴムは透明な医療用の小さなゴムで、ゴムの引っ張る力を利用して歯を動かしたい位置に引っ張って噛み合わせを合わせ直す目的で使用されます。

顎間ゴムは、最後の仕上げに近い段階で使用されることが大半です。

歯の隙間を無くすようにする他、引っ込んでいる歯を出す役割や、前に出ている歯を引っ込める役割などもあります。

矯正において、顎間ゴムは非常に大切なものなのです。


インビザラインiGOのゴムかけは必要か?


インビザラインiGOの場合は、従来のインビザラインとは異なり、全ての歯を矯正するものではなく、前歯部の矯正になります。

部分的な矯正や、軽度の矯正に用いられるものですのでゴムかけは必要ないのではないかと考える人もいるかもしれません。

しかし、歯の状態によっては医師がゴムかけは必要と判断する場合もあります。

歯を理想的な位置に動かすためには必要なものなので、医師の指示に従って治療を進めてください。



ゴムかけ時の注意点

ゴムかけの治療は面倒だと考える人もいるかもしれませんが、治療をしなければ噛み合わせが悪いままになります。

また、ゴムかけを頻繁に忘れるようなことがあれば、治療は長引くだけですので食事中や歯磨きをする以外の時間はなるべく装着したままにするようにしましょう。

場合によっては短い時間の指示があるケースもあるので、医師の指示に従ってください。

顎間ゴムで矯正する際には、クリニックよりゴムかけの方法を教えてもらうことができますが、毎日自分で外したり装着する必要があります。

外すことが面倒だからと付けたままにすると、ゴムが劣化してしまいます。

そうすると、効果的に歯を動かすことができないため、定期的に新しいものに交換するようにしましょう。



まとめ

インビザラインによる矯正だけではなく、矯正全てにおいてゴムかけの治療は大切なものです。

初めは不便に感じるかもしれませんが、ゴムかけをすることで綺麗な歯並びを手に入れられます。

ゴムかけ方法やゴムかけについて分からないことがあれば、医師やスタッフにご相談ください。

#インビザラインiGO#ゴム