インビザラインiGOをつけたまま飲み物は飲める?ただし着色には注意!

最終更新: 2月20日

歯列矯正をしていると、飲み物に気を使いませんか?

紅茶やコーヒーなど色付きの物を飲むと矯正器具に着色するかもしれないからと、好きな飲み物が飲めないというストレスを感じている人も多いでしょう。

マウスピース型の矯正であるインビザラインiGOはつけたまま飲み物を飲むことはできるのでしょうか?



インビザラインiGOをつけたまま飲み物は飲めるのか?

インビザラインiGOは食事をする際には取外しができるマウスピース型の矯正です。

透明のマウスピースなので、矯正していることが分かりにくいというメリットがあります。

インビザラインiGOをつけたまま飲み物は飲めますが、水など着色がないものに限ります。

これは、透明なマウスピースが着色してしまう可能性があるからです。

ただし、インビザラインiGOを外してしまえばどんな飲み物でも飲むことができるので、これまでのワイヤータイプの歯列矯正よりはストレスが軽減されます。


注意すべき飲み物は?


インビザラインiGOを装着している際に裂けるべき飲み物は、お茶やワイン、コーヒー、紅茶など着色しやすい飲み物です。

また、甘い飲み物や炭酸飲料も避けましょう。

砂糖を含んだ飲み物を飲むことで、虫歯になる可能性があります。

インビザラインiGOをつけている状態だと唾液が行き渡りにくく、口内の細菌の働きが活発になって虫歯を招く可能性があるのです。

また、熱い飲み物は、マウスピースの変形の原因になるので冷ましてから飲むようにしてください。


ストローで飲めば大丈夫は嘘?


ストローで飲めばあまり歯に当たらないから問題ないのではないかと、インビザライン矯正の際にマウスピースをつけたままストローで飲み物を飲む人も多いでしょう。

しかし、まったく口の中に飲み物を回すことなく飲むことは困難です。

前歯に触れなければ大丈夫かと考えられますが、歯に飲み物が当たる可能性は高いでしょう。

必ずマウスピースを外してから飲むようにしましょう。



もし着色してしまったらどうなるのか?


もしマウスピースをつけたまま、うっかり食べ物や飲み物を飲んでしまって、マウスピースが着色してしまったらどうなるでしょうか?

着色してしまったものは、歯ブラシで磨いたり、ポリデント等に浸けても落とすことは難しいのです。

着色した状態のまま新しいマウスピースの交換のタイミングまで使用しなくてはいけません。


まとめ

インビザラインiGOは簡単に取外しができるので、着色するような飲み物や甘い飲み物を飲む際には、面倒だと考えずに外してから飲むようにしてください。

そうすれば、マウスピースを綺麗な状態のまま使用することができるので、矯正していることも他の人から隠すことができます。


#インビザラインiGO#飲み物