低価格で後戻りを治したい。インビザラインGOの勧め

最終更新: 6月21日

歯列矯正をしたのに、後戻りして歯並びが戻ってしまったというケースは珍しいものではありません。

せっかく時間と費用を費やしたのに、歯並びが矯正前のような状態に戻ってしまったら、また一から矯正しなくてはいけないのかと途方にくれるでしょう。

しかし、後戻りの場合は、低価格で歯列矯正治療を行うことができます

その方法が、『インビザラインGO』です。



『後戻り』って何?


歯列矯正における後戻りは、矯正前の歯列に戻ってしまうことを言います。

矯正は、歯に力を加えることで少しずつ歯を動かしていきます。

しかし、矯正装置を外した後は、歯を支えている骨が固まっておらず、歯列が乱れやすい状態になっているのです。

そのため、歯列矯正をしても後戻りが起こってしまいます。


後戻りが起こる原因


そもそも、歯列矯正をしたのになぜ後戻りが起こってしまうのでしょうか?

いくつかの原因が考えられますが、まずは習慣の問題が挙げられます。

頬杖をつく習慣や舌癖を持っていると、矯正自体にも時間がかかりますし、綺麗に歯列矯正できても癖のせいで元の歯並びに戻ってしまうことがあるのです。

また、歯列矯正で歯を動かした後にある「保定期間」にしっかりと保定装置を付けていなければ、安定していない歯が元に戻ろうと動いてしまいます

そのため、保定期間には保定装置をつけて固定しなくてはなりません。


後戻りしてしまった場合の治療方法


せっかく矯正治療をしたのに後戻りしてしまった場合、再び同じように矯正治療を行うのは費用や期間的に負担に感じるものです。

しかし、後戻りの場合であれば、マウスピース矯正で低価格・短期間で矯正を行うことができます。

以前のように長期間の歯列矯正を行う必要はなく、透明なマウスピースで見えにくい矯正が可能になるのです。


後戻りにおすすめの『インビザラインGO』とは


インビザラインGOは、マウスピース矯正の中でも軽度の歯列矯正に適した治療方法です。

3Dソフトウェアによって治療開始から完了までの歯の移動をシミュレーションして、マウスピースを作成します。

一度に交換するマウスピースまで作成するので、通院する回数も少なく済み、矯正費用も抑えられる歯列矯正です。

倒れ込んだ歯を起こすことが矯正装置なので、再矯正治療に適した矯正装置とされています。



後戻りはインビザラインで矯正し直そう


歯列矯正をしても後戻りは誰にでも起こり得ることです。

その場合は、手軽で目立ちにくいマウスピースによる矯正を選択できるので、低価格での治療ができます。

インビザラインGOであれば、より手軽に矯正することができるので、後戻りが気になる場合にはインビザラインGOで治療を行いましょう。





執筆 てらしま歯科 スタッフ


てらしま歯科・矯正歯科

愛知県稲沢市緑町4-9-1

名鉄名古屋本線国府宮駅から南に2km、奥田駅から徒歩5分

土曜日診療、夜間診療

お電話は0587-23-8585

矯正相談、治療相談いつでも受け付けております。

We work for thanks and emotion.

虫歯0を目指す予防歯科へ