インビザラインiGOはつけたまま食事できるの?注意すべき点は?

最終更新: 2月20日

インビザラインによるマウスピース矯正に、iGOシステムという前歯のみ矯正できるシステムが導入されました。

これまで矯正をすると、食事などのストレスも多いので辛いという人も多かったのですが、インビザラインiGOでは食事の際のストレスも軽減させることができます

iGOはつけたまま食事できるのかどうか解説していきます。



これまでの矯正の食事におけるストレス


これまでのワイヤー矯正では、食べ物が装置に挟まったり、食べ辛いという食事へのストレスがよく耳に入りました。

しかもワイヤー矯正は一度装着すると取り外せないので、色素の濃い物を食べると着色してしまうというストレスもあります。

矯正中には固い食べ物を食べれば装置が外れてしまう可能性がありますし、粘着性のあるガムなどは装置に絡まってしまう可能性もあります。

また、甘い食べ物を食べると詰まりやすいので、すぐに歯磨きをしなくては虫歯になってしまうという恐れもあります。

こういったことから矯正中の食事はストレスが多いという声が多かったのです。



インビザラインiGOはつけたまま食事できるの?


インビザラインiGOはマウスピース型の透明なアライナーによって矯正をしますが、このアライナーは取外しができます

そのため、インビザラインiGOで矯正をしている時は、食事の時にアライナーを外して食事をします。

矯正器具がない通常と同じように食事ができるので、食事に対するストレスもなく食事することができるのです。

ただし、アライナーはつけたまま食事はしないでください。

装着したまま食事をすると、着色する恐れがあるだけでなく、アライナーが変形してしまう可能性もあります。

また、食べ物がアライナーに付着するので衛生的におすすめできません。


インビザラインiGO 装着における注意点


インビザラインiGOは、食事の時や歯を磨く時には取外し、その後はなるべく長時間(医師の指示がある場合には指定されている時間)装着しておくようにしましょう。

長時間装着することで、理想通りに歯を動かすことができます。

飲み物を飲む際には、水など着色のないものであれば装着したままでも問題がありませんが、コーヒーなど色の付いた飲み物を飲む際には取り外してください。

また、口内に入れておくものなので、アライナーも洗浄してください。

清潔に保つことで口内トラブルを予防することができます。



まとめ

インビザラインiGOを装着したまま食事をすることはできませんが、簡単に取外しができるので手間はかかりません。

矯正による食事のストレスが気になっている人は、インビザラインiGOでの矯正を検討してみてください。

#インビザラインiGO#つけたまま#食事