歯茎を押すと痛い!!その原因と改善法は?

最終更新: 6月21日

歯茎を指で押すと痛いという症状はありませんか?

指で押すと痛みを感じるけれど、何もしていない時にはそれほど痛みがないから放置しているという人もいるかもしれません。

しかし、歯茎を押すと痛いのは病気が原因かもしれないので、放っておくのは危険です。

痛みの原因改善法を解説していきます。



原因①:歯周病


歯周病は、歯と歯茎の間にある隙間に歯垢が溜まったまま放置され、炎症が現れる病気です。

徐々に症状が進行していく病気であり、段階的にさまざまな症状が現れます。

歯茎を指で押して痛みを感じるものは歯周病のサインかもしれません。

歯茎の炎症の初期段階である可能性や、炎症が進行して歯周病菌が骨など周辺組織に影響を与えている状態である可能性が考えられます。

歯周病は症状が進んでいくと、最後には歯が抜けてしまうかもしれないので、早期に治療を開始することが重要です。


原因②:細菌感染


歯茎を押すと痛い原因は、歯周病だけでなく細菌感染の可能性も考えられます。

歯の根っこ部分や周辺組織が何らかの原因で細菌感染を起こし、膿が溜まってしまっているため押して痛みを感じるのです。

放っておくと歯茎が腫れるだけでなく、ニキビのようなふくらみができて、そこから膿が出てきます。

そうすると、膿の出口となってしまい、膿が溜まっては破れるということを繰り返すようになってしまうので、治療が必要です。



放っておくと危険?!


指で押さなければ痛みはないからと歯科医院に通わずに放っておく人も多いですが、放っておくことで改善されるわけではありません

歯茎の痛みは歯の周辺組織や歯の根元から現れているものなので、急激なスピードで悪化する可能性もあります。

早い段階で治療を開始していれば簡単な治療で済んでいたものの、気付いた時には重症化していて負担の大きい治療になってしまうケースもあるのです。



歯の掃除を歯医者でしよう!


歯周病も細菌感染も、普段から行う歯磨きで予防することはできますが、自分で思っている以上に綺麗に磨けていないことが多いものです。

歯の隙間や根元近くに蓄積された歯石は自分では取り除けないものです。

歯石は放っておくと虫歯や歯周病を引き起こす原因となるので、歯科医院でクリーニングして除去しましょう。



まとめ

歯茎を押して痛いという症状は、何らかの病気のサインなので無視してはいけません。

病気の初期症状かもしれませんし、急性症状かもしれないので自己判断は危険です。

異変を感じた場合には、すぐに歯科医院で診察を受けて治療負担を軽くしましょう。