【2020年診療報酬改定】保険で奥歯も白い歯OK~CADCAM冠~

てらしま歯科では、保険で可能な真っ白なかぶせもの「CAD/CAM冠」を取扱っております。当医院も、コンピュータによる歯科用CADCAMシステムを採用していますので、銀歯しか入らなかった奥歯に保険で白い被せ物を入れられる可能性が出てきました。


これまで保険がきく白い被せ物というのはプラスチック冠のみとなり、割れやすいというデメリットがありまして当院では採用していませんでしたが、最新のCAD/CAM冠は安定したレジンブロックをコンピュータで制御し、削りだして作成するので強度が増しております。

素材はレジンという二酸化珪素が主成分です。

※セラミックやジルコニアとは成分が異なります。


2020年4月の診療報酬改定で出来るようになったこと


今回の2020年4月の診療報酬改正で保険適用内であれば、第一小臼歯・第二小臼歯・第一大臼歯(真ん中の歯から4番目、5番目、6番目の歯)と範囲が増え、少しでも銀歯を減らしたい方はご相談ください。

国が医療費を補助してくれるため、安くすみます。



CADCAM冠メリット

・銀色の金属を使わないので、見た目が自然。 ・金属アレルギーの心配がない。 ・保険適応の硬質レジンジャケット冠よりも強度が優れる。 ・硬すぎないので、噛み合う歯を傷めにくい。 ・保険適応なので低価格。



CADCAM冠のデメリット

・金属と比べて、咬む力でたわみやすいので、脱離する場合がある。 ・取り扱っている歯科医院がまだ少ない。 ・セラミック(陶器)ではないため、長期の使用で徐々に変色する。

・歯ぎしりに弱い。


CADCAM冠の費用

保険3割負担 約6,000円〜7,000円前後(冠だけの値段)

保険2割負担 約4,000円〜5,000円前後(冠だけの値段)

保険1割負担 約2,000円〜3,000円前後(冠だけの値段)


てらしま歯科

愛知県稲沢市緑町4-9-1

0587-23-8585