マウスピース矯正アレコレ、期間や感想、費用、体験談etc

最終更新: 6月21日

マウスピース矯正は、透明なマウスピースを装着して歯を動かしていく矯正方法となり、最近ではワイヤー矯正よりも主流になりつつあります。

矯正期間や費用などを比べても、ワイヤー矯正よりもマウスピース矯正の方が短い期間で安く矯正ができると言われていますが、本当なのでしょうか?

マウスピース矯正を始める前に知っておきたいマウスピース矯正の体験談や感想などを含めて、マウスピース矯正のアレコレを紹介していきます。




マウスピース矯正を始める前に知っておきたいアレコレ


矯正というと、普通の歯の治療よりも長期間の治療が必要となるので、治療完了までの期間や費用、そして治療について知っておきたいことがたくさんあるはずです。

そこで、マウスピース矯正において多くの人が疑問に答えていきます。


治療にかかる期間はどれくらい?


歯列矯正といえば何年も時間を要し、治療期間が長くかかります。

歯を少しずつ動かしていく治療になるので、短時間には行うことができないのです。

ワイヤーを用いたブラケット矯正の場合であれば、2~3年は矯正装置を装着しなくてはいけない期間があります。

一方で、マウスピース矯正は、歯並びの状態にもよりますが1年~2年とブラケット矯正よりも短い期間で治療を終えることができるのです。

また、前歯だけといった部分矯正をマウスピースで行う場合には、半年~1年と短期間で矯正を終えられます。


マウスピース矯正の相場費用はどれくらい?


矯正といえば費用が高額になってしまうといった印象があるかもしれません。

一般的なブラケット矯正であれば80~100万円が相場になりますし、歯の裏側につけるリンガルブラケットであれば120~150万円は必要になります。

一方で、マウスピース矯正は50~100万円と費用相場の幅が広くなっています

これは、歯の動きが大きいほど期間が長引くためアライナーも多く必要になり、費用も高くなるからです。

つまり、大きく歯を動かさない場合であれば費用を抑えることができると言えます。

マウスピース矯正の部分矯正であれば、更に費用は安くなり、10万円~と低コストが魅力です。


マウスピースの着用時間はどれくらい必要か?


ワイヤー矯正は装置を取り外すことができないので、矯正が始まったら治療終了まで矯正装置をつけたままの状態が続きます。

しかし、マウスピース矯正の場合は取り外すことができるので、食事や歯磨きのタイミングで取外せます

しかし、長時間取り外している状態が続いたり、何度も長時間取り外していることが続けば矯正の効果が適切に得られません。

そのため、1日20時間を目安に装着することが推奨されています。

そして、1週間~10日で新しいマウスピースに交換して歯を更に動かしていきます。

マウスピース矯正でもインビザラインシステムであれば、3Dシミュレーションで最初の段階で治療終了までのアライナーを一度に制作します。

そのため、計画通りに歯を動かすためにも食事や歯磨き以外ではアライナーをしっかりと装着しておくようにしましょう。




(※患者様の許可を得て載せています)


マウスピース矯正を選ぶメリットは?


ブラケット矯正ではなくマウスピース矯正を選ぶメリットは、患者様への負担が少ないという点です。

インビザラインシステムであれば治療の最初に終了期間の予測が立てられており、その治療終了期間に向けて矯正していくのでゴールが見えています。

そのため、モチベーション高く持ちながら矯正をすることができ、矯正期間自体もブラケット矯正より短い期間で終えることができます。

しかも、目立ちにくい矯正であり、装置による痛みも少ないためストレスに感じる負担が少ないのです。

また、歯列矯正の中では低価格になるので、費用面でも負担が少なくなります。

他にも、マウスピース矯正は取り外しできることから食事の制限がなく、綺麗に歯を磨ける

などメリットが多くなっているのです。


マウスピース矯正の感想・体験談


マウスピース矯正が選ばれるのは、手軽さや自身への負担の少なさであると言えます。

それでは、実際にマウスピース矯正をしていた人はマウスピース矯正をどのように感じたのでしょうか?

実際にマウスピース矯正をしていた人の感想や体験談を見ていきましょう。



30代女性『自分に自信が持てるようになる!』


大きめの前歯が小さい頃からのコンプレックスになっていて、とうとうマウスピース矯正で部分矯正をする決意をしました。

ずっと矯正の決心がつかなかった理由は「矯正装置が目立つこと」でしたが、マウスピース矯正であれば目立たないということを知ったので、矯正するに至ったのです。

人と話す職業なので、今のまま目立つ歯も嫌でしたが、矯正装置が目立つことも不安でした。

しかし、いざマウスピースをはめると全く目立たないので、仕事中でも人目を気にすることなく装着できました

そして、徐々に歯列も矯正されて、半年ほどで前に出ていた大きな歯は中に納まって綺麗に並ぶようになりました。

矯正は終わり、現在は保定期間なので就寝時にのみ着用をしています。

これまで歯のことばかり気にしていた人生でしたが、気にならなくなってばかりではなく、笑顔にも自信が持てるようになりました。




(※患者様の許可を得て載せています)


30代男性『人に知られず歯並びを綺麗に』


全体的に歯並びが悪く、ずっと気にはなっていたものの学生時代には矯正装置をはめることが恥ずかしくて矯正したくても出来ずにいました。

そして、最近マウスピースによる目立ちにくい矯正の存在を知り、興味を持つようになったのです。

仕事が営業なので、人と話す機会や多くの人に会うため、歯並びは治したいと考えていたこともあり、カウンセリングに行きました。

そこで費用や治療期間や装置について話しを聞き、仕事しながらでも支障なく矯正装置をつけられることが分かった上に、思っていたよりも短い期間で終えられることから矯正することに決めたのです。

実際にマウスピースをはめるようになり、仕事の付き合いなどで食事や接待などから夜は何時間かマウスピースを外すことが多く、少し予定よりは長く矯正装置を付けることになりました。

しかし、誰にも矯正していることは気付かれることなく終えられ、会う人にもいつの間にか歯並びが綺麗になっていると驚かれています。

もっと早くから出会っていればよかったと思える矯正でした。


20代女性『やって良かったと思える矯正』


幼いころに両親のすすめで矯正をしていましたが、大人になっていくと共に綺麗だった歯並びが少しずつ変わっていきました。

全体的には整っているものの、前歯が少し曲がったようになってしまっていたのです。

部分的に曲がっているからこそ気になってしまうようになり、マウスピース矯正をすることになりました。

一番心配だった部分は費用でしたが、10万円台と手頃に部分矯正ならばできるということが決め手になったのです。

装置の装着時の痛みなども心配でしたが、新しい装置を装着する時には少し違和感はあるものの慣れてしまえば気になりません。

大きな痛みもなく、最初に治療計画で先生に説明してもらった通りに順調に歯を動かすことができ、半年もしない間に矯正を終えられました。

矯正を決めるまでは不安が多かったのですが、実際に矯正をしてみると「矯正してよかった」と心底思えます。

前は後戻りで歯の並びが悪くなってしまったようなので、次は後戻りしないように保定期間もしっかり保定装置をつけたいと考えています。


まとめ



マウスピース矯正の気になる期間や費用、そして体験談など紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

マウスピース矯正が向いているのかどうか、また治療期間や費用は歯の状態によって異なるため、個人差があります。

そのため、矯正歯科にてカウンセリングを受け、歯並びの状態を確認しなければ分からないことも多いものです。

カウンセリングの時点では契約する必要はないので、まずは相談してみることで不安や疑問を解決することができます。

まずは、気軽に歯科医院にて矯正について相談してみてください。

---------------------------------------------------------------------

執筆 てらしま歯科 スタッフ

愛知県稲沢市緑町4-9-1

名鉄名古屋本線国府宮駅から南に2km、奥田駅から徒歩5分

土曜日診療、夜間診療


お電話は0587-23-8585

矯正相談、治療相談いつでも受け付けております。

we work for thanks and emotion.

虫歯0を目指す予防歯科へ

てらしま歯科・矯正歯科