治したはずなのに…。治療後に歯が痛くなる原因と対処法

虫歯を治したのに、ズキズキと歯が痛むという経験がありませんか?治療が間違っていたのではないか、実は治っていないのではないかなどと不安になってしまいます。実は、治療によって歯の環境が変わるなど、はっきりとした原因があります。

本記事では、治療後に歯が痛くなる原因をご紹介します。被せ物や神経除去など治療に合わせた対処法をご紹介するので、ぜひ参考にして痛みを解消しましょう。



治療後に歯が痛む原因


治療後に歯が痛む原因は、必ずしも治療ミスではありません。歯医者さんに不信感を持つ前に、なぜ歯が痛むのかを知っておく必要があります。治療後に歯が痛む主な原因を解説していきます。


治療後の神経は過敏になっている


歯の治療では、虫歯などを治す過程で、治療器具による振動や熱などの刺激が神経に伝わります。神経へのダメージは避けられず、治療後の神経は過敏な状態になってしまいます。普段は気にならない振動でも神経が刺激されるので、痛みが出てしまうのです。



被せ物をすると熱が伝わりやすくなる


銀歯など金属を使った被せ物をすると、熱を伝えやすい素材なので、熱い食べ物や冷たい飲み物などでしみやすくなります。多くの場合、数週間で改善されますが、長引くときは歯医者での診療が必要です。また被せ物が合っていなかったり、かみ合わせが変わったりすることでも痛みが出る場合があります。



細菌を取りきれていない


神経を除去した場合、細菌を取りきれず残っていると炎症が起き、痛みが出ることもあります。細菌を取りきる治療が必要になるので、痛みがひかないときは歯医者を受診しましょう。


生活習慣も治療後の歯の痛みに関係ある


治療後に敏感になっている歯は、生活習慣の影響も受けやすいです。余計に痛みが強くなるおそれがあるので、気を付けたい生活習慣をしっかり理解しておきましょう。


熱いお風呂に入る


熱いお風呂に入ると、身体全体の血行が促進されます。歯が痛む部分の血行も促進されるので、神経が圧迫されてしまい、強い痛みが起きます。痛みが出ているときは、ぬるめのシャワーで済ませるなど、血行を促進しすぎないようにしましょう。



お酒を飲む・タバコを吸う


お酒を飲むのも血行を促進させる要因です。神経を圧迫して痛みが強くなるので、しっかり治るまでお酒はおすすめできません。タバコは、お風呂やお酒とは逆に、血行を阻害する効果があります。痛みが収まるように思えますが、治癒するための血流が少なくなるだけでなく、口の中が清潔に保てなくなり、痛みが長引いてしまいます。


激しい運動をする


激しい運動は、血行を促進することはもちろん、痛みのある歯に振動を与えてしまいます。治療後の歯は敏感になっているので、痛みが引くまで運動を控えるようにしましょう。


被せ物をした場合の対処法


銀歯やセラミックなど被せ物をしたときに、被せ物が合っていなかったり、虫歯が進行していたりすると、治療後に痛みが出ることがあります。痛みを放置せずに受診することが大切ですが、受診前に一時的に痛みを対処する方法をご紹介します。


市販薬で対処し歯医者を受診する


被せ物が原因で出る痛みは、被せ物が合わない、かみ合わせが悪いなどに起こりやすく、長く引かない場合自分で対処するのは難しいです。一時的な対処として、ロキソニンなどの市販薬を服用しましょう。痛みを一時的に対処できるので、仕事などで忙しい人におすすめです。ただ、市販薬で痛みが引かない、続かないときは、炎症などの他の影響が考えられ、早めの治療が必要になります。


痛む箇所を外から冷やす


市販薬が手元にないときは、痛む箇所を冷やすのがおすすめです。頬から氷のうをあてたり、冷えピタを貼ったりするなどで、痛みを和らげられます。冷やさないと痛みが取れない場合は、症状が重いかもしれないので歯医者を受診しましょう。


神経を除去した場合の対処法


神経を除去した場合には、残った神経が敏感になっていたり細菌が残っていたりすると痛んでしまいます。痛みがでたときは、歯に刺激を与えないことが大切です。神経を除去した場合の具体的な対処法を見ていきましょう。


舌で触らないようにする


痛みのある歯があると、つい舌で状態を確かめたり、触って痛みがないか試したりしてしまいがちです。刺激に敏感になっている歯を触りすぎると、痛みが強くなるので、舌で確かめたい気持ちを我慢しましょう。


硬い食べ物をむやみに食べない


硬い食べ物は、噛むときに歯に負担がかかります。痛みが出ているときは、硬い食べ物を避けるようにしましょう。治ったか確かめようとあえて硬い食べ物を食べてみるのはNGです。他にも刺激の強い食べ物・飲み物も神経を刺激するので、辛いものや冷たすぎるものは食べないようにしましょう。


まとめ


治療後に歯が痛む主な原因には、神経が敏感になっている、被せ物は熱を伝えやすい、炎症が残っているといったものがあります。生活習慣にも関わりがあり、血行を促進する入浴や運動は痛みが出る原因になります。被せ物での痛みは市販薬や冷却で対応し、神経除去による痛みは歯を刺激しないようにし、早めに歯医者を受診するようにしましょう。


てらしま歯科

稲沢市緑町4-9-1

0587-23-8585