再利用OK!マスク無料滅菌サービス【愛知県稲沢市】



新型コロナウイルスの流行により、全国的にマスクがなかなか手に入らない状態になっています。

患者様におかれましてもマスクが手に入らずお困りの方も多いかと思います。


マスクが不足していることから、厚生労働省は使い終わったマスクを再利用するよう医療機関に周知するところまできており、依然コロナウイルスが猛威を振るっております。 医療用マスク不足 「滅菌し再利用を」医療機関に周知 厚労省 【2020年4月13日参考NHKニュースより】

そこで私たちが地域の皆様の為に何かできることはないかと検討しました結果、


マスクの「無料滅菌サービス」をご提供させて頂く事に致しました。


通院中の皆さん、ぜひご利用ください。


初めての方も、この機会にお口の中のメンテナンスを受けておきましょう。


※滅菌とは細菌・ウィルスを完全に死滅させる事を指します。

滅菌
めっきん

内容説明
滅菌とは、増殖性を持つあらゆる微生物を完全に殺滅又は除去する状態を実現するための作用・操作をいう。滅菌に関する国際規格であるISO 11139においては、ある物について微生物が存在しない状態にする検証された工程であるとしている。
参照 ウィキペディア


ご利用方法


受付にて滅菌パックをお渡しします。お名前、電話番号をご記入ください。

布マスクは洗濯し、使い捨てマスクはそのまま、お渡しする滅菌パックに入れてください。

(鼻水、唾液、血液、化粧などで汚れたものはご遠慮ください)

布マスク、使い捨てマスク、手作りマスクは5枚までです。

(大変申し訳ございませんが、一人でも多くの方にご利用頂きたいのと、限られたスタッフ・機材での対応のため、でございます)

受付に滅菌専用パックをお渡しください。返却日をお伝えします。

(最短翌日もしくは中一日以上でのお預かりを予定しております。)


クリニックまで受け取りにお越しください。


歯科医院でのマスク滅菌について分かりやすい動画がありますので、紹介しておきます。メリット、デメリットが分かるのでオススメですよ。

【マスク不足解消 歯科医院での滅菌再利用の手順と注意点】


【必読】滅菌時の注意事項


☆万が一、滅菌工程で破損・変形・変色・におい等の保証はできません。


☆滅菌によりマスクの濾過率が低下する場合がございます

(残念ながらメーカーが推奨する方法ではございませんが、マスクについた細菌、ウイルスは完全に死滅します)


☆新品と同じ効果が期待できるわけではありません。

☆高温水蒸気での滅菌になりますので、滅菌特有のにおいのリスクもご了承ください。


☆マスクの種類によっては滅菌再利用ができないものがあることを事前にご留意ください。

超立体マスク等、立体型のマスク」、ポリウレタン製のマスク(ピッタマスク等)は高熱処理はできないのでお預かりできません。


☆お化粧汚れは落ちません。


☆大変申し訳ございませんが、郵送でのご対応はできかねます。


地域の皆様へ~稲沢市のてらしま歯科より~


当院では新型コロナウイルス発生の初期から院内感染対策を行い、診療に関わる備品も十分に確保しておりますのでご安心ください。

一日も早く安心して過ごせる日がきますよう、心から願っております。



てらしま歯科ホームページ

愛知県稲沢市緑町4-9-1

0587-23-8585


【公式サイト】発表概要


内閣官房

令和2年4月7日の緊急事態宣言を受け、新設されました。


厚生労働省

国内外での発生状況や、政府の対策について。


・咳から出る「マイクロ飛沫」について分かりやすい動画がありますので、紹介しておきます。5分程度で換気の重要性がわかるのでおすすめですよ。

NHK(3月22日放送「NHKスペシャル“パンデミック”との闘い~感染拡大は封じ込められるか~」から)


新型コロナウイルスのまとめ~質疑応答~


質問1「コロナウイルスってそもそもなに?」


過去に人に感染する「コロナウイルス」は、7種類発見されています。

新型コロナウイルス感染症は、正式名称を「COVID-19(coronavirus disease 2019)」と呼ばれており最新の「コロナウイルス」です。

7種類のうち、4種類のウイルスは、一般の風邪の原因の10~15%(流行期は35%)を占め、多くは軽症です。残りの2種類のウイルスは、2002年に発生した「重症急性呼吸器症候群(SARS)」や2012年以降発生している「中東呼吸器症候群(MERS)」です。 コロナウイルスは70%アルコール消毒などで感染力を失うことが知られています。


質問2「新型コロナウイルス感染症の感染経路は?」


現時点では、飛沫感染(ひまつかんせん)と接触感染の2つです。

・くしゃみや咳と一緒にウイルスが飛沫し、周囲にいる人の鼻から吸い込まれ感染を拡大させていきます。

⇒そのためマスクの徹底が非常に有効とされています


・感染者の手で物に触れると感染ウイルスが付きます。非感染者がその部分に接触すると感染します。

⇒こまめに手洗い、手指消毒をオススメします


質問3「接触感染はわかりました。でもどれくらいの時間、物にウイルスが付いているの?」


新型コロナウイルス「COVID-19」が、毎日触れている物体の表面でどれくらいの期間、感染力を維持し、生き続けるかという疑問を解説します。


新型コロナウイルスは、物体の表面で数日間は生き続ける? 研究結果から見えてきたこと


こちらの研究結果によると、新型コロナウイルスは段ボールの表面で最長24時間、そしてプラスチックや金属の表面では最長2〜3日ほど生存していたと報告されています。


あくまで研究室の実験結果なのですが、意外と長く生きているので驚かれたと思います。

電車の吊り革やエスカレーターの手すり、ドアノブなど他者が触ってもおかしくない部分には不用意に触らないほうがよさそうですね。


質問4「マスクの再利用って品質は大丈夫なの?」


厚生労働省のサイトには『洗濯による繰り返しの再利用が品質上問題ないことを確認しております。洗濯により多少縮むことをご了承ください。』との見解が掲載されております。

しかし、滅菌を行ったほうが細菌もウイルスも全て死滅するので衛生的にも安心ですよね。

当院に通院している皆さま、ぜひこの機会に「マスク滅菌サービス」を無料で提供しているので受付に利用したい旨お伝えくださいませ。専用の滅菌パックをご用意しています。


ちなみに、4月16日のNHKニュースで「布マスクあすから配達 郵便局で検品作業 東京 新型コロナ」とまずは東京から布マスクの配達が始まる予定で、厚生労働省ではその後、来月中に全国へ配り終えたいとしています。


質問5「マスクはどれくらいの頻度で洗えばいいですか?」


厚生労働省のサイトでは1日1回の洗濯を推奨しております。ご自身での洗濯で衛生的に不安な方は当院の「マスク滅菌サービス」をご利用くださいませ。せっかく来ていただくのであればお口の中の歯科検診もご活用くださいませ。


参考文献:新型コロナウイルスに関するQ&A(一般の方向け)


当院所在地域とおおよその対応地域について


○尾張地方【名古屋】

■名古屋市


○尾張地方【尾張】

■稲沢市 (当院所在地)

■一宮市

■清須市

■江南市

■小牧市

■北名古屋市

■尾張旭市

■岩倉市

■大口町

■扶桑町

■豊山町

■春日井市

■犬山市

■豊明市

■日進市

■長久手市

■東郷町

■瀬戸市


○尾張地方【海部】

■あま市

■愛西市

■大治町

■津島市

■弥富市

■飛島村

■蟹江町


#マスク #マスク滅菌 #マスク滅菌無料 #再利用 #コロナ対策