ホームホワイトニングとは何か?審美歯科のホームホワイトニングについて

最終更新: 2020年6月21日

審美歯科と聞くと、歯の見た目をよくするための治療のことをご存知の人も増えてきました。さて、審美歯科の中には「ホワイトニング」というものがあり、長く歯を白くしたいのであれば「ホームホワイトニング」がオススメです。そこで、ホームホワイトニングについて解説します。



■ホームホワイトニングとは?

ホームホワイトニングとは、ホームという名称の通り自宅で行うホワイトニングのことをいいます。歯科医院で専用のマウスピースを作成し、自宅でマウスピースにホワイトニング用のジェル(薬剤)を塗布して装着、ジェルを浸透させる方法です。


■ホームホワイトニングのメリット

ホームホワイトニングのメリットは、第一に「忙しい人でもホワイトニングできる」ということです。ホームホワイトニングは、一度歯科医院でマウスピースを作成すれば、あとは自宅でのホワイトニングの継続です。ホワイトニング用のマウスピースの装着は1日数十分~数時間程度、しかも自分の都合の良いタイミングで行えるので、仕事などで忙しい人でも手軽にホワイトニングを行えます。

第二に「色戻りまでの期間が長い」ことです。ホームホワイトニングで使用する薬剤は、歯科医院で施術を受ける「オフィスホワイトニング」と比較して効果が弱いです。しかし、時間をかけてゆっくりと薬剤の効果を浸透させるため、即効性が乏しい代わりに持続期間が長いのです(医師が施術をしないホームホワイトニングでは、医師でない患者さんが使えるように強い薬剤は使えないようになっている)。

第三に「自然な白さを実現できる」ことです。前述のとおりホームホワイトニングは時間をかけてゆっくりと歯を白くします。そのため短期間で一気に歯を白くするオフィスホワイトニングと比較して歯の表面が荒れるのを防ぎ、自然な白さになりやすいのです。


■ホームホワイトニングの一般的な流れ

ホームホワイトニングの一般的な流れは、まず歯医者でマウスピースを作成します。その際、ホワイトニングの効果を高めるために、歯のクリーニングやPMTCを行う場合もあります。

マウスピースを作成したら、あとは自宅で薬剤とマウスピースを使用して、ホワイトニングを継続します。衛生状態を保つため、マウスピースは使用後にきちんと水洗いし、乾燥させてから専用ケースにて保管してください。

ホワイトニング用の薬剤が無くなったら、歯科医院で処方してもらうか、通販で購入することも可能です。ただし、処方を受けない購入方法は「自己責任」となりますので、万全を期すためには歯科医院で処方してもらうことをオススメします。


最新記事

すべて表示

【あなたは大丈夫?】噛み合わせの異常による悪影響って?

「噛み合わせが適切でないと、どのような悪影響があるのか知りたい」「噛み合わせが異常になる原因を知りたい」「噛み合わせ異常に対して、どのようなタイプにわかれているのか知りたい」「本来の正しい噛み合わせとは、どのようなものか知りたい」このように考えていませんか。 本記事では、下記の内容を解説します。 ■もくじ 1. 噛み合わせ異常による悪影響とは? 2. 噛み合わせ異常になる原因とは? 2-1 癖が原