金歯とセラミックどちらを選ぶ?共通点/相違点を解説



虫歯治療をおこなった際に詰め物や被せ物として使われるのは、一般的には銀歯ですよね。銀歯がイヤでセラミック素材のものを選択することはあっても、わざわざ金歯を選択するケースは少ないのではないでしょうか。

そこで今回はそんなになじみのない金歯について、セラミック素材との比較をしていきたいと思います。

1. 金歯とは



金歯とは、金が用いられている詰め物や被せ物のことをいいます。ただ、金歯といっても100%の純金製ではありません。一般的に金歯と呼ばれているものは「金合金」というもので、金のほかにも銀、プラチナ、銅、パラジウムなどを組み合わせています。

銀歯でアレルギー反応が起こる可能性のある人は、金歯を使用する場合もあります。審美性は劣りますが、金歯には体に優しいという利点があります。

【金歯のメリット】

金属アレルギーがおきにくい

歯との密着性が高く虫歯の再発を防ぐ

噛み合わせがよい

劣化がおきにくい

金という素材は柔らかくて、加工しやすいという特徴があります。ただ、歯の役割を果たすには、金だけでは柔らかすぎるのが難点です。

基本的に詰め物や被せ物は、歯と同じくらいの硬さである必要があります。なぜなら、噛み合わせた際に硬すぎると歯が欠けてしまう可能性があり、柔らかすぎると逆に詰め物や被せ物が摩耗してしまう恐れがあるためです。

2. セラミック治療とは



セラミック治療とは、詰め物や被せ物に従来の歯と同じ色、質感のあるセラミックを使った治療法のことをいいます。

銀歯だと見た目が悪いし、金属アレルギーが心配といったデメリットがあります。そこで、陶器と同じ素材で作られたセラミック素材の詰め物や被せ物を使用することで、白くて目立たずにしかも体に優しいというメリットがあります。

そこで、そんなセラミック治療のメリットについてご紹介しておきます。

【セラミック治療のメリット】

1. 自然な仕上がりで目立たない

従来の歯が持つ色合いを再現できるため、治療したことがわからないぐらい自然な仕上がりになります。見た目がきれいなので、思いっきり笑っても気になりません。

2. 質感がよく透明感がある

歯本来の透明感を再現することができるので、見た目が自然できれいなのが特徴です。また、表面がつるつるしていてプラークが付きにくいメリットがあります。

3. 持続する美しさと耐久性

セラミックは経年劣化がなく、従来の歯のようにツヤがあり美しさが持続します。また、強度が高いため、長期に渡り使用し続けることができます。

銀歯に比べてもメリットが多い治療法だと言えます。白色なので見た目の良さももちろんですが、体に優しい治療法なのです。

3. 金歯とセラミックの共通点



金歯とセラミックという全く違う素材についてご説明しましたが、素材以外の部分では共通点がありますので、簡単にご紹介しておきたいと思います。

値段が高い

銀歯は、保険が効くため、被せ物1本で4,500円程度になります。金歯やセラミックは高品質となるため、金歯やセラミックは銀歯の10倍以上と高額になります。

経年劣化しにくい

金歯やセラミックはその素材の特性から劣化しにくく、非常に長持ちするのが特徴です。銀歯は経年劣化しますので、個人差はありますが、平均して5~7年耐用年数だと言われています。

○アレルギー

銀歯だと金属アレルギーが心配といったデメリットがあります。でも、金属アレルギーの心配が少ない金歯や陶器と同じ素材で作られているセラミック素材であれば、その心配もいりません。

このように金歯やセラミックには、銀歯にはないメリットがあるのです。

4. 金歯とセラミックの相違点



それでは、そんな金歯とセラミックにはどのような相違点があるのでしょうか。詳しくみていきたいと思います。

1. 噛み心地が良い

金には適度な柔らかさがあるため、セラミックに比べて噛み心地が良いのが特徴です。審美的な部分で比較するとセラミックのほうが白くて透明感があり断然綺麗ですが、上顎の奥歯など、見た目に影響しない部分に関しては金を選択肢するメリットがあります。

2. 割れない

先ほどセラミックについて述べた際には触れませんでしたが、セラミックには「割れやすい」という特徴があります。なぜなら、セラミックというのは陶器と同じ素材で作られており、イメージとしてはお茶碗や湯呑みのようなものになります。

ただそのみずから割れてくれる性質が歯の破折(歯が折れること)を防いでくれる点がセラミックの長所です。

お茶碗や湯呑みというのは普段は硬くて丈夫ですが、落としてしまったりして強い衝撃が加わると割れてしまいますよね。歯に使用するセラミックも同じ性質を持っているため、負荷がかかりすぎると割れたり欠けてしまったりするのです。歯ぎしりをするなど、通常の噛み合わせでは起こらない負荷がかかりすぎる状況では、セラミックが割れてしまうことがあるのでご注意ください。

その点、金歯というのは金属なので、すり減ることはありますが割れてしまうことはありません。もし歯ぎしりのある方でセラミック治療を希望する場合には、しっかりと事前に歯医者さんに相談しましょう。

3.虫歯が再発しにくい

被せ物ではなく詰め物として金歯を使用した場合のメリットとして、虫歯が再発しにくいという点があげられます。

金は他の金属と比べて柔らかいという特徴があります。 この特徴のおかげで、金を歯に接着した後に淵を磨いて薄く伸ばすことで歯とのすき間を減らすことができます。この特徴のおかげで歯と金歯のすき間から虫歯菌の侵入を抑えられるので、虫歯の再発を減らすことができるのです。


金歯について分かりやすい動画がありますので、紹介しておきます。5分程度でどうしたらいいか分かるのでオススメですよ。お口の中で金属を伸ばしてぴったり合わせていますね。

【金歯を入れると何がいいの?】


それに対し、セラミックは硬すぎるので淵を伸ばすことができませんが、出来上がってきたセラミックに隙間がなければ、すき間から虫歯菌が侵入してしうこともないため、虫歯の再発予防になります。

5. 最後に

皆さん、いかがだったでしょうか。今回は金歯とセラミックについての共通点と相違点についてご紹介しました。

それぞれにメリットやデメリットがありますので、自分に合ったものをしっかりと選びたいですよね。そんなときには、最寄りの歯医者さんに相談して、しっかりと自分に合った素材を選びましょう。