アンチ虫歯!キシリトールガムをかめば虫歯になりにくい?

虫歯予防でキシリトールガムが有効かどうかを知りたい方へ。

すこしでも虫歯にならないように予防したい、どの商品が良いかわからないのでおすすめの商品があれば知りたいと思っていませんか。

また、かむなら効果的なガムのかみ方もあるので併せて知っておくとよいですね。

本記事では下記の内容を解説します。


■目次

1. キシリトールガムで虫歯予防できるかどうか

2. おすすめの商品がどれかわかる

3. 効果的なガムのかみ方

3-1 かむタイミング

3-2 かみ方

4. まとめ


■1. キシリトールガムで虫歯予防できるかどうか



キシリトールガムで虫歯は予防できます。もちろん、日々の正しいブラッシングをしたうえでの予防効果を高めるという意味です。

自然の甘味料であるキシリトールは虫歯菌を減らす効果も期待できます。また、ご飯やお菓子に含まれる砂糖だと虫歯菌のエサになり、虫歯菌が酸を出して歯を溶かしてしまうのですが、キシリトールは虫歯菌のエサになりません。

ですので、酸も出ないので歯を溶かされる心配もありません。

また、キシリトールを使用した製品にはガムだけでなくアメもあります。好みで選んで問題ないでしょう。


■2. おすすめの商品がどれかわかる



様々な種類の商品がありますが、選ぶ基準は1つだけ。キシリトールの含まれている量が100%かどうかです。

買うときにはドラッグストア等でも良いのですが、キシリトールの入っている量に差があり、かつ種類が多いので選ぶのが大変だと思います。

歯科医院のみで販売しているキシリトールガムが基準を満たしますのでおすすめです。


■3. 効果的なガムのかみ方



1日の中でかむタイミングや、かみ方に気をつけることで虫歯予防の効果を上げることができます。


3-1 かむタイミング

キシリトールガムをかむタイミングは、ご飯やお菓子を食べて歯磨きをする前です。

例えば1日3食に間食を2回であれば、合計5回ということになります。

ご飯を食べたあとにすぐかめば酸を出す虫歯菌を減らすことができますし、歯磨きをする前であれば歯についている虫歯の原因になるネバネバをサラサラに変えてくれるので、歯磨きをした時にこのネバネバ物質が落ちやすくなるのでブラッシング効果アップにも期待できるからです。


3-2 かみ方

口の中にガムを入れてかみだした時最初にでてくる、だ液をすぐに飲み込まずに口の中にしばらく残しておくことです。ガムに含まれているキシリトールは、かみだした時に一番多く出てくるからです。


■4. まとめ



キシリトールガムをかめば虫歯予防に期待できます。

効果的な商品を選び、適切なタイミングやかみ方を行って虫歯のない健康的な歯を目指していきましょう。日々のブラッシングも欠かさず念入りに行ってくださいね。


てらしま歯科

愛知県稲沢市緑町4-9-1

0587-23-8585

ホームページのアドレス