【不安な人こそ読んでほしい】歯の根の治療って痛いの?

歯の根の治療って痛いの?

あわせて痛みを抑える方法も知りたいと考えていませんか。

本記事では、下記の内容を解説します。

■もくじ

1. 歯の根の治療って痛いの?

1-1 治療中

1-1-1 神経を取り除く

1-1-2 消毒する

1-2 治療後

1-2-1 消毒しきれていない場合

1-2-2 菌が再度侵入した場合

2. 痛みを抑える方法

2-1 治療中

2-1-1 神経を取り除く

2-1-2 消毒する

2-2 治療後

2-2-1 消毒しきれていない場合

2-2-2 菌が再度侵入した場合

3. まとめ

1. 歯の根の治療って痛いの?



歯の根の治療のときに痛みを感じることがあります。

原因を治療中と治療後にわけて解説していきます。

1-1 治療中

治療中に痛みを感じる段階としては大きくわけて2つあります。



歯の根の治療をするときは、通常麻酔を行うので痛みを感じることはありません。

ですが、麻酔が効きにくい場合には痛いと感じることがあります

麻酔が効いてくる流れとしては、麻酔の成分が血管を通って痛みを感じる神経に対して働きかけると痛みを感じなくなります。

ただ、歯にある神経の部分からの出血が多くなると、麻酔の成分が痛みを感じる神経にあまり届かなくなるので痛みを感じてしまいます。



神経を取り除いたあとは、歯の根の場所をキレイに掃除し、菌がいる箇所に消毒するための薬液を塗ります。

この段階では神経が無いので、本来は痛みを感じることはありませんが、中には痛みを訴えられるケースがあります。

理由としては、神経を取り除ききれておらず残ってしまっている場合と、消毒に使用する薬液による場合があります。

神経を正確に取り除くには、脳の外科手術のように小数点以下のミリ単位での治療の正確さが求められますし、歯科治療の中でもっとも多くの器具を使用します。

薬液については、塗る際に人によっては刺激を強く感じてしまうことがあり、不快感につながるからです。

1-2 治療後

治療後に痛みを感じる場合に考えられるケースとしては2つあります。



薬液による消毒を行ったあとでも、100%確実に菌を取り除けるとは限りません。

歯の根の状態があまり良くなく、菌が増えやすいような環境であれば菌が残ってしまい、痛みにつながるケースはあります。

歯の根っこの部分は複雑に枝分かれしていますので、菌を完全に取り除くためには何度も消毒を繰り返す必要があるからです。



歯の根の治療で神経を取り除き、消毒したあとに、歯に土台を作り被せ物をします。

ただ、この被せ物の精度が良くないと、被せ物と歯のすき間をぬって菌が入り込んでしまいます

中には歯にヒビが入ってしまっており、そこから菌が侵入していたこともあります。

2. 痛みを抑える方法



可能な限り痛みを抑える方法を、治療中と治療後にわけて解説していきます。

2-1 治療中

まずは治療中の内容について、2つの段階からご説明します。



神経を取り除くときに行う麻酔には3種類あります。

・歯の中にある神経に直接的に麻酔をほどこす方法

・歯のすぐそばにある歯茎に麻酔を行う方法

・脳と歯の間にある神経のおおもとの部分に麻酔を行う方法です。

麻酔が効きにくい場合は、歯の中にある神経に直接的に麻酔をする方法を行います。

麻酔をする際に針が神経にあたることで痛みをともないますが、即効性があるので麻酔がすぐに効いてくるので安心してください。

歯のすぐそばにある歯茎に麻酔を行う方法は、しびれた感覚が少ないので使用される歯科医院が増えてきています。

どの方法で麻酔を行うにせよ、治療中に痛みを感じた場合はすぐに歯科医師に伝えましょう。

きちんと痛みを感じなくなってから治療を再開します。



歯の根っこの神経を取り除いたあとに薬液を塗って消毒しますが、人によっては痛みが出る場合があります。

薬液の種類によって刺激が変わってきますし、人それぞれ不快感を感じる度合いも異なります。

もちろん、何も感じない方もおられますが、仮に痛みを感じた場合は歯科医師に伝えてください。

2-2 治療後

治療後の痛みをできるだけ抑える方法を解説していきます。



前述したように歯の根っこの部分は複雑に入り組んでいますので、1度の消毒で全て菌を取り除くことが難しい場合があります。

ですので、消毒で菌をきちんとやっつける、という作業を繰り返すこともあります。

また、神経を取り除いて、ぽっかり空いた穴に薬剤をまんべんなく詰めていくのですが、歯の根のさらに奥側に薬剤の圧力が伝わって痛みが生じることがありますが、一時的ですので大丈夫です。



もう一度消毒の処置を行います。

歯と被せ物の間にあるすき間から侵入してきた場合は、被せ物や詰め物の高さを調整します。

3. まとめ



歯の根の治療に痛みを伴うことはあります。

神経を取りきれていない場合や、消毒後に菌が残ってしまっている場合や再び侵入してきた場合などです。

もちろん、原因は自分自身でわかるものではありませんから、仮に痛みがあればその都度歯科医師に伝えるようにすると良いでしょう。


てらしま歯科

愛知県稲沢市緑町4-9-1

名鉄名古屋本線国府宮駅から南に2km、奥田駅から徒歩5分

土曜日診療、夜間診療

お電話は0587-23-8585

矯正相談、治療相談いつでも受け付けております。

We work for thanks and emotion.

虫歯0を目指す予防歯科へ