感染症対策にはみがきが効果あるって本当?



こんにちわ。

愛知県稲沢市の歯科医院「てらしま歯科」です。

痛くない治療でお子様の歯科治療にも対応しております。


暖冬とはいえ寒い日も続きました。

体調いかがでしょうか。

ニュースではコロナウイルスによる新型肺炎に関するニュースをよく見かけます。

中国での感染拡大をしていますし、潜伏期間が長いことや治療薬が確立していないこと、不安がつのるばかりです。ネットショップではマスクの価格が高騰し、店舗でも手に入りにくくなってしまいましたね。マスクをしていれば大丈夫というものでもありません。

マスクは本当は病気を人に移さないために使うものであり、実はマスクをしていても、隙間からウイルスは入ってきてしまいます。しかし、人と接したり人混みに出ることは必須な日常生活、じゃあどうやって感染症を予防すれば良いのでしょうか。


「まずは基本の感染症対策」


手洗い

こまめな水分補給

規則正しい生活で免疫力アップ

外出や人混みはなるべく避ける


ウイルスとの接触を避ける、持ち帰らない、除去することが感染症対策の基本となります。



「あわせて行って欲しい「はみがき」」



「はみがき」と「感染症」は全く関係のないことに聞こえますが、口の中の清潔を保つことは感染予防につながるのです。

鼻や口から入ったウイルスは粘膜という場所に付きます。その粘膜で体の防御機能が働くことで、ウイルスが進入しても病気にならずに済むんですが、防御機能が正常に働かなければ、ウイルスは粘膜で増殖し、私たちの体は病気になります。

口の中には元々300種類以上の菌が生息しているといわれ、中には粘膜での防御機能に影響を与えるものもいます。口の中が不衛生になり菌が増えてしまうと、喉の粘膜での防御機能が破壊されウイルスと戦うことができず、結果、病気になりやすい体になってしまうんですね。

はみがきで口の中の清潔を保つことは、虫歯や歯周病を予防するだけでなく、感染症予防にも効果的なんです。

感染症対策にはみがきも大事」と覚えていただければと思います♪


「毎日のはみがきで感染症も予防しよう!」


感染対策とはいっても、口の中を清潔に保つことが大事なので、いつものはみがきを正しく行うだけでOKです。

毎食後と寝る前

3分以上かけて行う(特に寝る前は念入りに)

軽い力で歯を一本ずつ磨く

歯と歯茎の間を意識する

仕上げに歯間ブラシで歯の隙間もきれいにする


もしわからない場合は、クリニックにお越しいただいてはみがき指導もできるので、ご相談ください。


日頃何気なく行っているはみがき、今の時期は感染予防も意識して丁寧に行ってみてください。

虫歯も歯周病も感染症も防いでくれ、いいことだらけですよ。


てらしま歯科

愛知県稲沢市緑町4-9-1

0587-23-8585

ホームページのアドレス