歯が痛いと頭痛になる?原因や治す方法を解説

ズキズキ痛む頭痛は、痛みで仕事や勉強が手に付かないなど、とても辛いものです。歯が痛むときに、頭が痛くなるといった症状もあり、歯痛と頭痛の両方に悩まされてしまいます。歯の痛みと頭痛にはどのような関係があるのでしょうか?

本記事では、歯が痛いときに頭痛が起きる原因治す方法をご紹介します。原因を未然に防いだり、痛みに対処したりするなど、辛い頭痛の予防・解消に役立ててみましょう。



歯の痛みで頭痛になる原因

歯の痛みと頭痛には、深い関わりがあります。歯の痛みだけでなく、かみ合わせが良くないことで頭痛につながることも考えられます。どのような原因で歯痛が頭痛につながるのかをあらかじめ理解しておきましょう。


副鼻腔の炎症

歯の神経を除去する治療を行い、炎症が副鼻腔に侵入してしまうと、頭痛を引き起こす原因になります。副鼻腔に近い奥歯を治療したときに多い症状で、歯の痛みや治療した側の違和感などを伴います。


緊張型頭痛

緊張型頭痛とは、歯の痛みを放置したときに発症しやすい頭痛です。歯の痛みを無意識に避けようとすることで、かみ合わせが悪くなったり、身体のバランスが悪くなったりして、頭痛が引き起こされます。歯の痛みが直接の原因なので、歯の治療が効果的な改善方法です。


歯周病

歯周病になると、歯がぐらつきかみ合わせが悪くなります。また、腫れた歯肉から血管に菌が侵入する場合もあります。かみ合わせのバランスの悪さや菌の侵入によって、頭痛が引き起こされるので、歯周病の治療で口腔内の状態を整える必要があります。


脳静脈血栓症

歯の痛みを長期間放置していると、菌が血管まで侵入するおそれがあります。血流によって脳まで菌が達すると、脳内の静脈に血栓ができる脳静脈血栓症になり、頭痛や吐き気などの症状が現れます。脳梗塞や脳出血につながると、死に至ることもあるので、歯の痛みによる頭痛を放置するのは危険です。


顎関節症

かみ合わせの悪い状態が続くと、顎関節症になるおそれがあります。顎関節症になると、慢性的にかみ合わせが悪くなり、辛い頭痛が続いてしまいます。



歯の痛みによる頭痛を治す方法

歯の痛みによる頭痛は、頭痛だけでなく、脳静脈血栓症になってしまうと死に至るリスクもあります。原因がはっきりしている際はしっかり治療を行うことを前提に、治療までに痛みを和らげて対処しましょう。


虫歯や歯周病など原因を治療する

頭痛が起きている原因がわかっている場合は、適切な治療で歯の痛みを改善しましょう。虫歯や歯周病などが原因となって、不正なかみ合わせや顎関節症、緊張型頭痛などが起きるので、まず虫歯や歯周病を早めに治療することが大切です。


痛み止めを服用する

すぐに治療できない場合は、歯痛や頭痛に効く痛み止めを服用しましょう。ロキソニンなどのほか、痛みに合わせた市販薬を選ぶと、辛い歯痛・頭痛を和らげられます。ただ、市販薬だけで治療を続けるのはおすすめできません。あくまでも一時的な対処なので、歯医者での診療を早めに受けることが大切です。


お風呂やお酒などを控える

歯が痛むときに血行が促進されると、神経が圧迫され、痛みが強くなってしまいます。熱いお風呂やお酒、運動などは、血行を促進する効果があるので、歯が痛むときは控えましょう。


頭痛が引き起こす歯の痛みもある

歯の痛みが様々な症状につながり、頭痛を引き起こします。頭痛が原因で歯の痛みを引き起こす場合もあるので、症状を見極めるために理解しておきましょう。

歯の痛みにつながる頭痛は、群発頭痛と呼ばれています。視床下部や三叉神経に異常をきたし、血管が拡張されることで起きると言われています。基本的には頭痛のみですが、歯の痛みにつながる場合があります。歯の痛みから頭痛につながることが多いので、原因を見誤りがちです。歯の痛みがもともとあるのかをしっかり見極めましょう。



まとめ

歯の痛みが頭痛を引き起こす原因には、副鼻腔の炎症緊張型頭痛歯周病顎関節症などがあります。虫歯の菌が血管に浸透し、脳に運ばれて血栓になる脳静脈血栓症になると、頭痛だけでは済まずに、最悪の場合死に至る可能性も考えられます。一時的に対処する方法としては、痛み止めの服用やお風呂・お酒を控えるといった生活習慣が挙げられます。一番大切なのは、歯の痛みなど原因を解消することなので、原因に合った治療を行い、歯痛と頭痛を改善しましょう。


てらしま歯科

愛知県稲沢市緑町4-9-1

0587-23-8585