矯正中にワイヤーが外れた!そんな時の対処法について

最終更新: 6月21日

歯並びは自分だけの努力で改善できるものではなく、悩んでいる人も多いと思います。ワイヤー矯正は(普通矯正)矯正歯科の中でも最も一般的な方法です。歯の表側に装置を付けます。




矯正治療中にワイヤー(針金)が外れてしまった!

緊急性が無いことがほとんどですが、まずは歯科医にご連絡ください。

ワイヤーが頬の内側や歯茎に刺さり痛い場合は緊急性がありますのですぐに相談しましょう。治療の初期は細めの柔らかいワイヤーを使用しますので外れることがあります

また、治療の成果が出てきて歯が動き始めてワイヤーが緩くなり外れることもあります。

時には食事中にワイヤーが外れて金具から外れてしまうこともあります。この場合は元の位置に戻せるのであれば戻しましょう。緊急性は無いけど・・不安ということであればすぐに相談しましょうね。


矯正の効果は見た目のためだけでは無いんです

歯科矯正は見た目をよくするだけのものと思っている人も多いとおもいますが、歯は消化器官のひとつ。かみ合わせのズレやあごの動きの不調和があると咀嚼が不十分となり胃腸への負担が大きくなるともいわれています。歯列を整えることで噛み合わせが良くなり咀嚼がきちんと出来るようになるという効果もあります。



アンチエイジング効果にも

歯列が乱れていると、噛むときに片側だけで噛んでいたり噛む力が弱くなったりする場合があります。バランスの悪い咀嚼は顔の筋肉のバランスを崩してしまうので顔にゆがみが生じてしまうといわれています。歯列を矯正することで口元やあごの骨格などが整えられ左右の筋肉のバランスも良くなり表情筋も活性化する効果がります。表情筋が活性化すれば口元に自信が持てるようになり笑顔や表情が明るくなるとおのずと外見的魅力度も増すといますね。



口呼吸の改善にも

また、歯並びが原因で呼吸が口呼吸になってしますことも多いんです。口呼吸は口内や喉の乾燥を招く原因になります。虫歯や口臭につながり体調を崩しやすくなったりする恐れもあります。矯正にはこの口呼吸を改善できるという効果もあります

矯正中は時にはワイヤーが外れたり違和感や痛みに多少耐えなければいけない時期もありますがほとんどの方が一時的なものです。見た目だけではなく健康や美容にも効果がありますので、困ったときは歯科医に相談しながら矯正ライフを乗り越えていきましょう!ワイヤーが外れてしまっても慌てずに歯科医に連絡してくださいね!